« 100321[y][bx1]双極性障害+psychosisのマーカー | Accueil | 100322[bx2]好かれること=報酬 »

21 mars 2010

100321[y][bx1]成人ADHDの遂行機能障害の特徴

全般に,ではなくって,

inhibition と set shifting。

100321[y][bx1]-2 ADHD; executive function; inhibition
To act or not to act, that’s the problem:
Primarily inhibition difficulties in adult ADHD.

遂行機能っていっても,
 inhibition☆
 fluency
 planning
 working memory
 set shifting★
などのように,複合的。

成人ADHD者49名を対象にこれらの課題を施行して49名の健常対照群と比較したところ,
☆CPTやStroopなどのinhibition課題で成績低下
★ChT CRのset shifting課題で成績低下。


→ Barkley(1997)が,ADHDのprimary deficit は inhibition だ,と言っていることは正しいが,
  そのことが他のEF障害に自動的に波及する,としている点は正しくない。
→ DSM-Vでは,「注意」と「多動」の障害,ではなく,「自己制御self-regulation」の障害とすべき,
  ということを推奨
(考察末尾)。

|

« 100321[y][bx1]双極性障害+psychosisのマーカー | Accueil | 100322[bx2]好かれること=報酬 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47867195

Voici les sites qui parlent de 100321[y][bx1]成人ADHDの遂行機能障害の特徴:

« 100321[y][bx1]双極性障害+psychosisのマーカー | Accueil | 100322[bx2]好かれること=報酬 »