« NPJC100318 | Accueil | 35周年 »

19 mars 2010

自分すっかり一教員だなぁぁと思いましたよ

こういう本に手が伸びるようになりました。

成長。

なのか?

教育幻想 ─ クールティーチャー宣言』☆

対決!大学の教育力』★


☆クールでありたい願望の投影,ということもあろう。宣言するかは読んでから。

★いやがおうにも「教養教育」「初年次教育」には種々の関わりがあるのでして。


 *


もう一冊同時に→『わかりやすいはわかりにくい? ─ 臨床哲学講座』購入。

“総長”の本を読むことは教養だと思っている。文章のスタイルが好き。
入試現代文頻出著者ランキング,常に上位であることは,
至極まっとうなことであると思われる。

|

« NPJC100318 | Accueil | 35周年 »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

さっそく『教育幻想』読了。
フレーズがきまっていると引用しやすい。ポイントおさらい。8箇所。

学校で一番大切なのは「欲望の統御の作法」を身につけさせること
(p.30)

学校は「すばらしい人間を育てる場」ではない(p.41)

「心の教育」ではなく、「行いの教育」を!(p.77)

 大事なのは子どもたちに「自分自身の自由の保障として、ルールを
共有することは大切」なんだということを理解させることです。ルール
を守るということは、「道徳的な価値観の遵守」そのものが目的なの
ではなく、「自分自身の精神的・身体的自由を保障するための前提
である」ということを納得させる空間を、学校に作り上げることが必要
です。(p.80)

子どもたちが自分で選択したかのように「誘(いざな)う」(p. 104)

結局,方程式のように誰でも適用できる一般的な「解」は、教育には
当然ありません。(p. 117)

「働かなければ、生き続けることはできない」を教える(p.181)

「ピュアネスのためのリアリズムを」(p.189)

以上。

著者の関連本(タテじゃなくってヨコのつながりのほうの),
『友だち幻想』も購入してみた。

Rédigé par: m0ch1 | le 19 mars 2010 à 18:34

宣言するまでもなく,たぶんクールティーチャーだわきっと。
「人柄志向」じゃないもん。少なくとも。
「事柄志向」かどうかはわかんないけど。

Rédigé par: m0ch1 | le 19 mars 2010 à 19:12

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47850274

Voici les sites qui parlent de 自分すっかり一教員だなぁぁと思いましたよ:

« NPJC100318 | Accueil | 35周年 »