« 「語り」と「声」 | Accueil | 研究室研究会(卒論10-7)100419 »

19 avr. 2010

総合科目10-1-02

質問紙に回答してもらう→実行(遂行)機能→質問紙の自己採点→説明。

冒頭で,「受講制限」について。
事務方から送られてきたpdfファイルを徐々にお見せする方式で,
制限対象者(ご退席願う方々)をお見せする。
 ※合格発表と逆のスタイル
 ↓
彼女の「研究法」チームと相乗りの質問紙を配布して回答願う。15分ほど。
プラス,卒論生にお願いされたビラの配布。
 ※彼女のマイクの持ち方,説明のあとの震えを見て微笑ましかった。
 ↓
実行機能(遂行機能)の説明。
 WCST(おひとりにやってもらうデモ)
 Stroop(おひとりにやってもらうデモ)
 TMT-B(おひとりにやってもらうデモ)&世界のナベアツ!
 流暢性(語の流暢性:「か」おひとりにやってもらうデモ)→しりとりのTipsも伝授する。
※デモだらけ。☆1
「前頭前野を鍛えるのに一番効果的な方法は?」→あれですよ☆2。
でも自分の前頭前野を鍛えるためにそうするか,
友だちをなくさないようにそれをしないか,
意思決定するのは,きみたちそれぞれ。
 ↓
質問紙の一部を,その場で自己採点していただき説明☆3。
 あわせて,平均・標準偏差・正規分布の話。相関の話。(今後も出てくるでしょう)
上位5%は?
点数的に,男性>女性が多いけど,そのまま信じてはいけません。
仮説1:実際男性の点数が高いのが真
仮説2:女性の方が回答態度に一定のバイアスがかかりやすい☆4
 ※私は仮説2を信じているわけではないが...受講生コメントでは「そうかも」という意見多し。
パーソナリティにも感情にも行動にも,前頭前野が関係していそうなんです。


だいたいこのあたりまでで終了。


pdfの「時間があれば」は,
ご関心があればご覧ください>受講生のみなさま。


けっこう予定通りだった。Executive Functionを使った。


 *


出席票裏面のコメントでは,☆1~☆4あたりが評判がよかった。
昨年度までは出席票がなかったので,
こういう個別的なお考えをお聞かせ願えるのはありがたい。

で今後もみなさん,思ったことやら考えたことを書くとよろしいです。
自分のためにも。
センセのためにも。


 *


本日私が一番驚いたのは,授業の終わった後になんと

カラオケに誘われた

ことであります!
ほぇ~と思いましたが(笑)初めての経験。

...ちょっと練習を要しますから,また誘ってください。機会があれば。


とはいえ。
授業担当者としての登場は,年度の3学期を通して
先週と今週の2回だけであります!
あとは試験のときだけ恐い顔して出動。

|

« 「語り」と「声」 | Accueil | 研究室研究会(卒論10-7)100419 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48129514

Voici les sites qui parlent de 総合科目10-1-02:

« 「語り」と「声」 | Accueil | 研究室研究会(卒論10-7)100419 »