« 「知的水準」と「反応性」と「(垣間見える)パーソナリティ傾向」 | Accueil | 神経心理学演習10-3&4 »

22 avr. 2010

研究室研究会(院10-2)100422

我らがただの飲んだくれの集団ではないというところを
見せつけなくてはならない。

とはいえ。
本日の発表者はおひとりであった。


● 学外研究倫理審査に出す書類の「研究計画書」部分を読んでディスカッション
・音読させてみる(→こうやって聞くとみないい声じゃないか;ふだんからそう喋ろう。営業ボイス)。
・内容面ももちろん検討。
・学内の研究倫理審査書は書いたことのある人々がいるはずだが,
 学外他組織ではこう違うという形式面も。
 同意書は各項目チェックする形式,とか。「同意撤回書」とか。フローチャートとか。


それ以外は報告連絡事項群。
署名捺印儀式。
明日締切のあれの原稿のこと...
アカデミックカウンセリングのお日取りのこととか。


いつもより早めに終わりました。

|

« 「知的水準」と「反応性」と「(垣間見える)パーソナリティ傾向」 | Accueil | 神経心理学演習10-3&4 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48157510

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院10-2)100422:

« 「知的水準」と「反応性」と「(垣間見える)パーソナリティ傾向」 | Accueil | 神経心理学演習10-3&4 »