« 総合科目10-1-01 | Accueil | 編集委員会(学内) »

12 avr. 2010

研究室研究会(卒論10-6)100412

前回から1ヶ月以上あけて,再開です。

今日ももりだくさんで2時間30分弱...

※4月20日に追記しました...

● 「IPCとBIG FIVEと対人依存」を読んで,結局何をやるか

The three faces of interpersonal dependency:
Structural analyses of self-report dependency measures.

・ IPCって何ですか?(Interpersonal Circumplex)。少々わかりにくい。
・ IPCやFFMと対人依存の構造的関係を明らかにするのが目的。
・ 対人依存→服従的依存・利用主義的依存・愛着的依存の3つの型をそれぞれ。
→IPCで270度(服従的依存),315度(利用主義的依存),0度(愛着的依存)!!
  ※おもしろいのお。
→服従的依存・利用主義的依存はFFMのNと正の,O・Cとは負の相関。
 愛着的依存はNと正の弱い,OCとも弱い正の相関。 ~N・O・Cと関係する。

・ 結局何をやるか・・・DPDと,境界性?回避性?演技性?自己愛性?
・ DPDのサブタイプ。
→私が図解してみた。ケータイで写真撮られた。


● 身体反応,だけじゃなくって視覚的な面も検討してみる?

・ 高所恐怖シリーズ。見え方も違うとかを検討すべきか。
・ 怖さを尋ねる質問の方式を学ぶ。
Dishabituation processes in height fear and dental fear:
an indirect test of the non-associative model of fear acquisition

 ※歯医者恐怖までは手を広げないけど...
・ やっぱ予備調査もしますかね。その素案も。


● 春休みに考えていたこと ●
 (取捨選択と「したがって,まとめると以下のようになります!」)

・ 外せないふたつと,入れるかもしれないひとつと,外すひとつについての説明。
・ 「したがって,まとめると以下のようになります!の図解」 ← ※たいへんけっこうなお手前で。
・ それでいこう。ミニマムな3点を固めた。まとまった。
・ ただし,「脳内メカニズム」はどうしたもんか。
  やっぱ"executive function"をかませますかね←常套手段。


○ ADHDについて調べてみました。
 ※いちおう原著者(=レジュメ作成者)の記載に忠実に従って,●ではなく○にしてみた。

・ 文科省のガイドライン。
・ これこれこれを春休みに読んだらしい。
・ そういう「傾向」を捉える方法があることはわかった。
しかし
・「これを踏まえて,実験要素に加えるか加えないか検討しなおしたい」。
 「(...)加えたところで,なんの意味があるのかよくわからなくなりました(+_+)
 どうせやるなら人の役に立つことを調べたいです。」
 という宣言!! あれこれ考えたのでしょう。迷いというか。
 ※しかしそれでなかったとしても,個人差要因は欠かせないと思う私。
・でも「不注意」には関係があることはわかった。その通り。

|

« 総合科目10-1-01 | Accueil | 編集委員会(学内) »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48067705

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論10-6)100412:

« 総合科目10-1-01 | Accueil | 編集委員会(学内) »