« 100425[mz1] specific social phobia と generalized social phobia は ベツモノと考える | Accueil | 副指導教員になる »

26 avr. 2010

研究室研究会(卒論10-8)100426

いつもより1時間ずらしてのスタート。

2010.4.27追記:

5月には構想発表会がありそうなので,
レジュメ原案を作ってきて検討することが,今回出していた指令。


おひとりはシューカツにつき欠席。
(でもメールで,レジュメ原案は送ってもらっていた)


● 使用する尺度の検討
・これまでの議論を整理して,使用する尺度についての整理整頓。
・対人依存の3側面→邦訳ありか否かもういちど探索。
 もと論文が複数尺度をまとめているもので...
・I-T相関があまり高くない因子もあり,高めの因子もありばらつきが。
・"exploitable dependency"をなんと訳そうか。
 exploitするのは相手で,自分はされるほうなんで「利用主義的依存」はなんかヘン。
 意味は「搾取(される)」が一番正確な気がする。
・パーソナリティ障害傾向は,SCID-IIの質問項目をもとにするか。
 何件法にしようか。
 何人目標にしましょうか。
・発表会では,「項目」と「図」のパワポを出しましょうか。


○ 前回紹介した先行研究を読みました
これ。実験的スタディ。
・読むのにメタ認知知識を使うなぁ。
・「日常生活における聴覚刺激に対する反応を評定」→それを「メタ認知知識」と呼んでいるのだが,
 それとは別に,「遂行した課題の再生成績を予測して答える」というのもあり,
 一般的にはそちらを「メタ認知」というと思うのだが。
・結果は意外性があって面白い。A→B→C
 音が気になる人→再生成績の予測を低く見積もる→実際には音があっても成績低下は小さい。
 気にならない人→再生成績の予測を高めに見積もる→実際には音が入ると成績が低下する。
 ※「音が気になってできなかった」と思う人は「できなかった」と言いつつ,ちゃんとできている。
   「全然気になりません」と思う人は「できた」と言いつつ,実際にはできない。
 ※処理容量とか消費資源というコンセプトを使って説明。
・この路線にそった研究をしよう,というレジュメ。
 であるならば,パワポでは少し詳しめに説明が必要。
 もと論文には,表はあるが図はない。作図?
・で,自分の実験は何人目標にしましょうか?→要因の数はどうなるかによるよね議論。
 between-subjectもwithin-subjectもあって...などなど。


● 予備調査/研究1(途中経過)
・もうそんなにとったのか...
 (主観的な)「高いところ」での認知・行動・感情の自由記述。
  落ちたらどうしよう(自分)もあるけど,落としたらどうしよう(カメラとか)もある。
  自分の場合→それが「ケガ」「死」に結びつくこともあり,ないこともある。
  景色がきれい,というような思考と半々のときもある。
  行動は...安全確保行動もあり。もちろんしない人も。
  感情。「落ちたらどうしよう」→怖い,では必ずしもない。
 などなど...
・落下経験の有無と高所恐怖の関係や,性差なども,ひととおり取ったらみてみましょ。
・どうやって分析する?カテゴリー作ってカイ二乗とか。
・予備調査的位置づけにするか。研究1的位置づけにするか。
・いずれにしても,もうちょっと継続。
・レジュメ→パラグラフ構成を考えよとご指南。


(● 遠隔指導)
・お休みの方の分はメールでやりとり。
 第1・2パラグラフから第3パラグラフへの以降の仕方を中心に。
・先行研究盛り込みについて。血眼で探してください。
 第1パラグラフ(では,アナログスタディもこんなにあるんだよに力点)と
 第2パラグラフ(具体的にこんな風に検討できるんだよと実例を示せるように;コンセプトだけじゃなく)


 *


前回,みな研究題目をその場で考えたのだが,さっそく微修正~大きく修正まであれこれ。
「卒業研究指導教員決定届」
「構想発表会レジュメ」
までには,まだ時間の余裕がある。→さらにサマになるでしょうきっと!!

次回は2週後の月曜日に。
そしてその週の木曜夕方は,院生さんと合同で「予行演習」。楽しみですね。

|

« 100425[mz1] specific social phobia と generalized social phobia は ベツモノと考える | Accueil | 副指導教員になる »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48190052

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論10-8)100426:

« 100425[mz1] specific social phobia と generalized social phobia は ベツモノと考える | Accueil | 副指導教員になる »