« 第 19回学生担当教員会議 | Accueil | アカデミックカウンセリングのシーズン »

27 avr. 2010

3冊あれば3倍の支援(と少々のグチ)

ができるようになったり,
それだけうまくできるようになるわけではない。

ですよね。

Img_0353


今年度になって3冊目。
その会議で拝領したのだけれど...

「もうありますので不要です」と言えないような状況で
2冊目も3冊目も配付されるものですから。


でもね,
こういうマニュアルでもないと
教職員が行うことを期待される「学生支援」は多岐にわたりすぎていて
にっちもさっちもいかないとき・いかないところもあるんです。
必要は必要。

でも,3冊はいらない。


 *


大学というところにおられない読者の皆様にお考えいただきたい。

大学教員にはおおきく,
教育と研究と運営という仕事の三つの柱があるんですけど。

学生生活支援。

(これは「研究」ではもちろんないですね)

では,
「教育」面のお仕事とお考えになりますか?

それとも,
教育というよりは,大学の「運営」面のお仕事とお考えになりますか?

もし後者のようにお考えいただけるならば,
そこに力点が置かれれば置かれるほど,
教育と研究に割ける仕事量/仕事率が減少するってことはおわかりいただけますよね。

私たちも1日に24時間,1年で365日しか時間を持っていないので。
みなさまと同じように。

|

« 第 19回学生担当教員会議 | Accueil | アカデミックカウンセリングのシーズン »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

学生さんが持っている(はず)の

『セーフティライフ―快適な学生生活を送るために』
も,2冊ある。

 &

英語版もある。

Rédigé par: mochi | le 27 avr. 2010 à 18:26

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48197836

Voici les sites qui parlent de 3冊あれば3倍の支援(と少々のグチ):

« 第 19回学生担当教員会議 | Accueil | アカデミックカウンセリングのシーズン »