« アカデミックカウンセリングのシーズン | Accueil | アカデミックカウンセリング×3プラスアルファ »

28 avr. 2010

NPJC100428

午前中に。

ひじょーにめずらしい刺激を提示する実験。

Seeing direct and averted gaze activates
the approach–avoidance motivational brain systems

提示される顔・視線(vs物体)の向きが正面のときと逸れているときで,
接近・回避の動機づけ-情動的反応がどうかわるか。

測度はEEG,SCR,覚醒度と感情価の評定。

この論文の最も重要なところは,
提示刺激がナマな人物で (70cmの距離で提示される...)
写真提示条件のときとその反応を比較しているところですね。

ナマの無表情顔がこっちを5秒間正視したまま静止
(または視線を逸らして5秒間静止)。
※恐すぎる...

で,frontalEEGはナマ顔正視条件で左優位(「接近」を示唆)
ナマ顔逸視条件で右優位(「回避」を示唆)。
(写真じゃダメ,物品じゃダメ)

SCRも,ナマ顔の正視・逸視で反応が大きい。
(写真じゃダメ,物品じゃダメ)

覚醒度も ナマ顔 正視>逸視

感情価評定では (一見,意外だが) ナマ顔 正視<逸視...視線が逸れていた方がより快★

などという知見が得られた。


 *


・じゃあうちの研究室の誰にナマ顔刺激をやってもらおうか。
・いまいち,仮説の「EEG左右非対称性」の原理が理解できない。
 前提がよくわからないもので。
・この研究では,提示されるナマ顔・写真は女性だけれども,
 実験参加者には男女含まれる。性別の影響は?
 (しかしかといって男性顔女性顔を提示するとなると,統制が難しいだろう)
 (そもそも,提示される刺激が魅力的かどうかだって,ね。とりわけ生理指標もとるわけで)
・もちろん,社交不安傾向の高さも関係するだろう。
・「接近-回避」という軸と,「快-不快」の軸は同一じゃない。
 快ゆえに接近,もあれば,不快ゆえに接近(→闘争)もあろうとかディスカッション。
・この研究はそれはそれで面白いけど,
 では提示刺激は「生態学的妥当性」を考えれば常にナマ顔が望ましいのか?
 いや,そもそもこんな実験室でいきなり無表情な顔が提示され,
 しかも無言でじーっとこっちを見たりあっちを見たりしている状況で,
 そもそも生態学的妥当性うんぬんなんてあるのか,議論。


 *


次回予定は 5月19日(水)13:30です。場所はDの私の部屋。

|

« アカデミックカウンセリングのシーズン | Accueil | アカデミックカウンセリング×3プラスアルファ »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48206109

Voici les sites qui parlent de NPJC100428:

« アカデミックカウンセリングのシーズン | Accueil | アカデミックカウンセリング×3プラスアルファ »