« 2010 委員会(PTA)_6 | Accueil | 履修申請スタート »

08 avr. 2010

新小平まで往復

院生さんのおひとりに同行。

☆かばん持ち☆ですね。私が。

彼女が「先生」。

12時50分に待ち合わせして(デートみたいだ),
13時のTX→南流山乗り換え→武蔵野線に。14時30分過ぎには新小平に到着。
(思ったよりは近かった)

「小平」に足を踏み入れるのが20年ぶりだとわかり,
なんだか愕然とする。
...そんときは西武多摩湖線に乗ったわ。タマコ線とはかわいらしい名称だ...


今度その院生が週に1回お世話になることになった
「てんかんセンター」
(4月から独法化されて「国立精神・神経医療研究センター」にあります)
へご挨拶と,研究打合せ。
センター代表の大槻先生,センター外来統括の渡辺先生のお二方と,
15時から1時間30分ほどミーティングをさせていただきました。
で,さっそく来週からスタートという運びに。
このような貴重な機会を与えてくださったことに感謝して,きちっと仕事をしてくださいませ。

・横に座って彼女の緊張した面持ちを見るのは初めて。
 (いつも対面でなら見るけども)

・研究計画にちょっと欲張りなところがあったんだが「見抜かれる」。さすがに。
 しかしながらそれはそれ,こちらはこちらで考えるところがあったうえでの計画なので
 交渉!ネゴシエート!

・「先行研究」として彼女が論文を何本か用意していたが,それを出したときの
 「見るところが違う」(とそのスピード)を彼女が経験したことは重要。
 協同・協働研究というのはそういうところに面白さと難しさがある。

・帰る頃に,大槻先生から,東北大関係のよく知った先生方のお名前を!
 F先生の学生時代の話(へぇ~そうなんですか,やっぱり)とか,
 T先生がここで一時期研究を実施されていたとか(そのようなご経歴が!)とか。


帰りもおよそ1時間30分かけて戻ってくる。
18時30分頃つくば駅に帰り着く。


 *


行き帰りの道中,なんやかんやと,ずっと彼女とあれこれ話しをする。
こんなに長い時間彼女とご一緒したことはこれまでなかったので
まあなんというか,それ自体も私にとって貴重な機会ではございました。


☆実際,短い時間でしたが彼女のバッグを持ってさしあげましたし,
 かつ彼女に私のかばんを持たせることはしていなかったので,
 この記述は間違いではない。
 ミーティングの中身的にもそんな感じだったわね。

|

« 2010 委員会(PTA)_6 | Accueil | 履修申請スタート »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

このお仕事で,

52名の学類新1年生のみなさんとご対面することはかなわず
(入学おめでとうございます;いずれお目にかかります),

また5限のオリエンテーションにも出席せず
(とはいえ,前日の新歓でお目にかかりましたからね),

失礼しました。

Rédigé par: m0ch1 | le 09 avr. 2010 à 07:05

今年は
「北は青森から,南は熊本までの26都府県からの52名」
のようですね。

大学新聞で把握。

Rédigé par: m0ch1 | le 09 avr. 2010 à 21:41

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48036205

Voici les sites qui parlent de 新小平まで往復:

« 2010 委員会(PTA)_6 | Accueil | 履修申請スタート »