« 神経心理学演習10-9 | Accueil | 100522[bx2]脳から脳へジェスチャーで »

21 mai 2010

神経心理学演習10-10

政所さん担当。


ASD/ASC,視知覚(顔処理)デイのその2。

Eye-movements reveal attention to social information in autism spectrum disorder

(ASD/ASCにおける社会的情報への注意を,眼球運動で明らかにする)


成人ASD/ASCにおける社会的注意の先行研究はequivocalなんで追究。

アイトラッキングするけれど,提示される画像が
1) 左右のうち一方は人物が存在する写真,他方が存在しない写真
2) 人物が存在する写真は,人物の顔領域,それ以外,背景に領域を分ける(Fig.1.(b))
3) さらに,顔領域は目周辺とそれ以外の領域に分ける,
4) 人物の視線から対象物までの"viewing cone domain"(c)☆と視線の先にある対象物(d)
  領域に分ける

などなどをしてみる。
ASD/ASC群 vs. TD群。

測度は,
A) それぞれの領域へのviewing time(さらに,領域サイズを統制した場合も),
B) ファーストフィクセイション(最初どこをどれだけ見るか),
C) low-level image analysis(luminanceとかあれこれ)

結果。
A) ASD/ASC群もTD群も,人物存在側を見る傾向,そして背景よりも人物を見る傾向。
 顔領域と身体領域の見る時間は同じくらい。そして目領域は少ない
 →群間差なし!
 TD群は,視線の先にある対象物領域を見る傾向がある。

B) 最初にどこを見るかについては,原則a)と同じなんだけど,
 ASD/ASC群では,やや人物あり写真を見る傾向が少なく,
 また人物あり写真の背景を見る傾向がある。
 TD群は,目 vs. それ以外の顔領域の比較で,それ以外の顔領域を見る傾向がある。
 (しかし主効果もあって,TD群は目もそれ以外も,そちらを見る傾向が有意に多い)
 また,

C) 群の主効果とかそれを含む交互作用はn.s.


ということで,
・ASD群の社会的注意の問題は,viewing timeだけを見るとnormal。
・ASD群が社会的情報を回避aversionしているわけではない。
・ファーストフィクセーションに限定すれば,いくらか異なる特徴が見出せる。
・「目領域」への注意は自発的にもなされている


 *


・この論文,主要な目的が明記されないままに,
 「さらに本研究では...」と3つの下位目標が書かれ,
 また,結論も節としてはあるけれど結論的に書かれておらず。→読みにくい論文。
・目からビーム,もしくは火炎放射に見える("visual cone" Fig.1.(c))
 で,(d)はなんじゃらほい,という図になっておる。
・流し読みの技術。2要因(かそれ以上)のANOVA,この手の研究では
 group x ほにゃらら に注目して読めばよろし。そしてそれはたいてい図になっている。
・ちょっとその場で読んでもらうかんじ。
・来てくれてよかった。来週もよろしく(クジ運の問題)


 

|

« 神経心理学演習10-9 | Accueil | 100522[bx2]脳から脳へジェスチャーで »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

昨年、先生の神経心理学演習を受講していました。
人文学類に所属していながら、無謀にもhypergraphiaで卒論を書くことを試みたものです。

その節は、大変お世話になりました。

今春、筑波を卒業し、現在は国立障害者リハビリテーションセンター学院というところで、
言語聴覚士になる勉強をしています。
人間卒業の優秀なクラスメイトも二人ほどいます。

あの時、多少無理してでも、先生の授業に参加しておいて、とてもよかったなと思います。
色々とありがとうございました。

ぶらりと立ち寄りましたので、ご報告まで。

Rédigé par: | le 24 juil. 2010 à 00:36

ああ,Yさん。
お久しぶりです。

そうですか,
ご卒業おめでとうございます
(もう夏だけど!)
  &
なんと,言語聴覚士を目指しているのですね
(では今後ともよろしくお願いします)。

Rédigé par: m0ch1 | le 24 juil. 2010 à 07:07

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48424248

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習10-10:

« 神経心理学演習10-9 | Accueil | 100522[bx2]脳から脳へジェスチャーで »