« 神経心理学演習10-11 | Accueil | 67万アクセスと「変化は必然」 »

28 mai 2010

神経心理学演習10-12

政所さん担当(先週に引き続き)


片麻痺に対する病態失認の治療法。
あれこれ議論。

Self-observation reinstates motor awareness in anosognosia for hemiplegia

(片麻痺に対する病態失認を自己観察によって修復する)


(病態失認に関する質問をしている診察/検査場面を)ビデオに撮影し,
それを後に再生して自己視聴することで,
自己の片麻痺に対する認知が(ただちに)改善した=気づき・病識が得られた(!!),
というケーススタディ。
発見的というか逸話的というか。


三人称的に(1)
オフラインでやることが(2)
もしかしたら病識を改善する効果があるのかもしれない,ということになっている。

 (1)もちろん,一人称的には常に「見えているはず」だから他の手段として。
 (2)鏡で見せながら診察/検査することも考えられるが(それを「オンライン」と称す),
   そうではなく,ビデオで撮影して,後で見る
   (動作遂行と観察が同期しない状況で)。


 *


「なぜこの症例が対象者に「選ばれた」のか?」
「どうして一例の報告なんだろうか?」
「あらかじめ考えられた研究計画を実施しての結果なのか,たまたま見いだされた知見なのか」
などなど,
なかなか本質を突いた質問が出て,おおいにけっこう。

心理学の学習をしている学生さんたちですから,通常の思考スタイルとしては,
片麻痺病態失認「群」(複数患者グループ)を対象に検討すべきだと。
ごもっとも。

しかしながら,
(1)発見の先手争い
(2)こうして報告することで,結果的に他の研究者も試してみるだろうから,
 支持する結果であれ支持しない結果であれ,
 検証はむしろ,そのグループだけで検討するよりも
 その後大規模になされるとも考えられる→効果があるなら,それは対象の患者さんたちにも
 直接的なメリットがある

なぜこの症例だったのかは...あらかじめ,だったのかは...たしかにわからない。


 *


もうひとつは,倫理面でのこと。

病態失認がある方なのだから,ご自分は「動く」と思っているはずであり,
それゆえ治療の必要性/さもなければ「研究に協力する」必要性はあまり感じないはずで,
どうやってビデオ撮影の許可を得たんだろうと。


 *


さらにもうひとつは,
「病態」の正しい認知は患者さんにとってどうメリットがあるのか,ということ。

たしかに,早い段階で正確な病識を得,リハビリテーションに取り組むことは
予後のことを考えても重要である。

他方で,
(実際この症例でもそうであったが)病識を得ることで,
悲しみ・抑うつ気分・不安が上昇したりした。
つまり,「直面」させることにより心理的なよろしくないリアクション,
デメリット面も出現した。

さあ,そのような功罪のある実践を「研究」として行うとすると,
そういうことはどうなんだろう??


あれこれすっきりとは解決しがたい,深い問題が絡んでくる。

「心理士」としての出番は,
そういうところにもおおいにあるんじゃないかな。
ってお話ししました。


 *


発表で,
ケーススタディ論文を読むのは今期初めてで,
かつ治療に関わるテーマだったので,

いつもとは少々異なるディスカッションができて,有意義でした。

|

« 神経心理学演習10-11 | Accueil | 67万アクセスと「変化は必然」 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

「片麻痺の病態失認はどの程度の割合で出現するのか」という
ご質問もあって,返答に窮する。

自然に「回復する」(認識に至る)こともあるよね。
初回の検査が発症後第何病日かも人による。

Rédigé par: m0ch1 | le 28 mai 2010 à 20:05

読んでてゾクゾクしました。

Rédigé par: 凸 | le 28 mai 2010 à 21:33

ん。

凸さんがゾクゾクしそうな箇所の3つの可能性を考えたよ。

Rédigé par: m0ch1 | le 29 mai 2010 à 06:05

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48479893

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習10-12:

« 神経心理学演習10-11 | Accueil | 67万アクセスと「変化は必然」 »