« 神経心理学演習10-7 | Accueil | 「他人と比べて」「自分の基準に照らして」 »

14 mai 2010

神経心理学演習10-8

明石さん担当。

ウィリアムズ症候群,社会行動,扁桃体。

Individual differences in social behavior predict amygdala response
to fearful facial expressions in Williams syndrome

(ウィリアムズ症候群における,社会行動の個人差は恐怖表情に対する扁桃体の反応を予測する)


...そういう結果です。

ウィリアムズ症候群の人々の行動特性として,
 過度に社交的・感情的・共感的・開放的・こわいもの知らず
というのがあり,これらは扁桃体の機能が関わる可能性がある。

そこで,恐怖表情・幸福表情・中性表情・(スクランブル)を提示したときの
扁桃体の活動について,以下の3つのモデルのどれが妥当かを検証した。
A:indiscriminate sociabilityモデル=表情がどうであれ,表情刺激提示下では扁桃体が反応。
B:emotional and empathic sociability=恐怖表情・幸福表情に反応。中性表情では反応しない。
C:social fearlessness=恐怖表情では反応する。幸福・中性表情では反応しない。

社会行動はSSIQと呼ばれる質問紙で。
「全体的社交性」
「社会的接近(親しい相手への)」「社会的接近(見知らぬ他人への)」
「感情的・共感的社交性」
得点が出てくる。

event-relatedなfMRIデザイン。
なお課題は「男性か女性か判断してボタン押し」であり,implicitな扁桃体の反応をみる。
ROIは扁桃体限定。

モデルに沿った回帰分析を行うと,
AとBは棄却され,Cに沿う結果。
「社会的接近(見知らぬ他人への)」得点と,扁桃体の反応(恐怖表情-中性表情)が
負の有意な相関(r=-.89)。


 *


検証すべきモデルが3つ排他的に並べられているので結果も大変スマートに見える。


 *


「過度に共感的」なのは望ましくないってことだよねぇ~ 

Behavioral measuresの正答率が72.16%なんだけど。男女判断だよね??
→ふたつの可能性
  (1)区別しにくい人物が存在した;
  (2)全般に衝動的にボタン押しちゃう(おてつきしやすい)傾向。

この結果は,ウィリアムズ症候群に特異的かどうかはわからない。
→健常者でもSSIQの得点にはばらつきが生じるであろうから,
 それでみてみないことには。

「右は構造(先行研究の結果),左は機能(今回の結果)」っていうのは
本当に今後検証されるべき「仮説」なんだろうか。

実験参加者12名中8名が右利き→左利き率が多いの?


 *


今期のみなさまは質疑が活発でけっこう!

第2クール(後半戦)の担当日・担当時間決めをした。恒例のあみだくじにより。

|

« 神経心理学演習10-7 | Accueil | 「他人と比べて」「自分の基準に照らして」 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48357397

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習10-8:

« 神経心理学演習10-7 | Accueil | 「他人と比べて」「自分の基準に照らして」 »