« 研究室研究会(院10-5)100520 | Accueil | 神経心理学演習10-10 »

21 mai 2010

神経心理学演習10-9

小川さん担当。


ASD/ASC,視知覚(顔処理)デイのその1。

たまたまですが
この時間も次の時間も Autism Spectrum Disorder/Conditions (ASD/ASC) の
論文。

When seeing depends on knowing:
Adults with Autism Spectrum Conditions show diminished top-down processes
in the visual perception of degraded faces but not degraded objects

(知識に依存して「見る」ということ:degraded facesでは低下,degraded objectsでは低下しない)


視知覚におけるトップダウン処理
 ×
ASD/ASCの顔情報処理における異常

をテーマした実験的研究。仮説は,
(1) ASD/ASCでは,視知覚全般に(対象が何であっても)トップダウン処理の減少
(2) ASD/ASCでは,特に視知覚の対象が顔であるときにトップダウン処理の減少
いずれが妥当かを検証する。
測度は,認知率☆と,アイトラッキングによるgaze time。

ASD/ASC14例と「定型発達者」14名の比較。

●Passive Viewing:
degraded imageの提示1回目 → photoの提示 → degraded imageの提示2回目
見ているだけで,アイトラッキング測定はする。
●Active Viewing:
degraded imageの提示1回目(pre) → photoの提示 → degraded imageの提示2回目(post)
 →(わかったと答えたら → それがどこに見えるかポインティングまたは注視)
pre/postでどれほど認識されたか☆,およびアイトラッキング。

知覚的プライミングみたいな;preとpostで比較して,どれほど認識率が上がったかによって
プライミング効果をみることになる。


→結果。
(認識率)両群とも全般的にプライミング効果はある(=認識率は向上する)が,
ASD/ASC群ではややその効果が少なく,かつ,顔刺激のプライミングが有意に少ない。

(注視)ASD/ASC群では,degraded image2回目において,
物体へのgaze time%は定型発達者と同様増加するが,顔へのgaze time%は低下。

(顔のパーツへの注視傾向の比較)もしているが,ASD/ASC群において
「目領域への注視が少ないわけでもなく,口領域への注視が多いわけでもない」...
(髪領域とか鼻領域では,群やpre/postで変化がある)


→→ということで,仮説(2)を支持する。
つまりトップダウン処理の影響が,刺激種類に応じて生じている。
(「注意」や「イメージ」の障害があることを示唆する)


・「紡錘状回ってどこですか?」→お絵描き
・gaze time%が「上昇する」こと/「低下すること」の意味について議論してみる。
・Mann-Whitney U tests とかWilcoxon Signed Rank testsとか。
・心象(めんたるえれふぁんと?)→心像


授業とはさっぱり関係ない雑談で(授業前に)「さっぱりしましたね」と言われる。
きみの影響だよ,ということにしておく。
そしてアイしてるあの人チームの動向をうかがう。愛してるから気になるのだよ。

|

« 研究室研究会(院10-5)100520 | Accueil | 神経心理学演習10-10 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48423179

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習10-9:

« 研究室研究会(院10-5)100520 | Accueil | 神経心理学演習10-10 »