« 「あたしストーカーほしいんだよね」 | Accueil | 水色の自転車 »

03 mai 2010

100503[mz1]特性不安とIGTと性差

ギャンブリング課題は特性不安の程度に左右され,
かつ性差があるみたい。

100503[mz1]-1 IGT; trait anxiety; sex differences
Trait anxiety affects decision-making differently in healthy men and women:
Towards gender-specific endophenotypes of anxiety

大学生を対象とした研究。

男性は特性不安が高くても低くても成績が不良で,
女性は高い群のみ成績が不良,とか。

WCSTの成績とは関係がない。


→敷衍して考えると,
 男性の方がoptimalな(情動的)意思決定は難しいってことになるんでしょう,か。


→ってことで,患者さんを対象とする研究でも,IGTのパフォーマンスの評価には
 特性不安の程度(と性別)を,いくらか考慮する必要があるのかもしれなくなる。

|

« 「あたしストーカーほしいんだよね」 | Accueil | 水色の自転車 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48259113

Voici les sites qui parlent de 100503[mz1]特性不安とIGTと性差:

« 「あたしストーカーほしいんだよね」 | Accueil | 水色の自転車 »