« ポスター作成(その2) | Accueil | あえて話を拡げない »

26 mai 2010

100526[bx1] "dyscravia"

Neuropsychologia らしからぬ cognitive neuropsychological な。

100526[bx1]-1 dyscravia; dysgraphia; spelling; voicing
Dyscravia: Voicing substitution dysgraphia


イントロ冒頭に書かれている。

This baber brezents a new dybe ov dyscravia
(This paper presents a new type of dysgraphia.)

そんな感じに,無声子音が有声子音に,有声子音が無声子音になる
書字(綴り)障害を呈する2例の「認知神経心理学的な」詳細検討。
"voicing errors"を特徴とする。
それがどんな理由で生じているかのメカニズム的議論まで。

TGという患者は,dyscraviaのみである一方,
BGという患者は,"dyslegzia"(dyslexia)も合併していたと。


なにより,
その誤り方をそのまま症候名として"dyscravia"としちゃうところがなんともスゴい。
(どうやって日本語化したらいいんだか...)


 *


本文の主旨とは一切関係ないんだけど,
ふたつある「図の棒グラフ」の作図センスには驚かされる
(カラーである必然性が感じられないうえに,どうしたその柄は!!)

他人様の感覚というのは,理解できないときがありますな。


|

« ポスター作成(その2) | Accueil | あえて話を拡げない »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

「にほんご」ではどうなるのか

→「にぼんこ」になるのがな...

濁点や半濁点がつくべきときになく,いらないときにつくことになるのか。
(比較的「発見」しやすいだろう)


これを音韻系の障害と
識別できるかどうか。

Rédigé par: m0ch1 | le 27 mai 2010 à 05:47

ごめんうそ書いてた。

b→p / p→b ってこともあるから,

「濁点がつくべきときになく(または半濁点になり),
いらないとき(または半濁点がつくべきとき)に濁点がつく」

に訂正。
ややこし。

Rédigé par: | le 27 mai 2010 à 10:26

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48465030

Voici les sites qui parlent de 100526[bx1] "dyscravia":

« ポスター作成(その2) | Accueil | あえて話を拡げない »