« 平成22年度臨床領域卒業研究構想発表会 | Accueil | 相談室新歓 »

19 mai 2010

NPJC100519

もう発表者の方がわくわくしちゃう感じの。

事例と,
それをサポートするような先行研究
の報告。

ご担当の,パーキンソン病/レビー小体型認知症(疑)のケースのご報告。
 ・ TMT-Bで。。。しかし他のEF/WM系のはそんな悪くない。
 ・ (それを検証するための)「修正後出し負けジャンケン」(!!)
 ・ 「2ビット脳」というご説明スタイル。
 ・ taskAとtaskBが並列的にあるとき,それを
    コントロールする(注意資源,注意の配分)のも,またタスク(taskC)。
    →負荷が高くなってくるとtaskCが飛んでしまう...のような機序モデル。
 ※ 記銘(三宅式)のも,これでなんとかなるのか否か。あるいは,それはそれなのか。
   他の,性格的な部分も含めて,
   どこまでがこのモデル的に説明できるか,どこからは違うかを考えるのも興味深い。
 ※ みごとなもんだ。天才的。
   これで実生活上患者さんに生じ(てい)る問題ともリンクできるならパーフェクト。


関連するであろう論文として「発掘」され概要を教えていただいたのは以下の論文。

Task switching deficits associated with Parkinson’s disease
reflect depleted attentional resources

"Stroop task switching"なるパラダイムで。
  単語読み(congruent/incongruent)
  色名読み(congruent/incongruent)
というのに加えて,
  画面上下で,上に提示で単語読み,下に提示で色名読み(要スイッチング)。

internal control 説 vs. depleted attentional resource 説で
predictionが異なるけどいったいどっちが正しいのかー!という仮説検証スタイルで,
→後者に軍配,という結果。

 ※基底核かDLPFCか。でもループがあるからね,という考察があって,
   その「図」を探すのにえらい時間がかかってしまった。


 *


もうひとつ機序の伏線として, "reality monitoring" ってのもお考えのようでした。

もうね,そのまま学会発表してもいいレベルかと。
このめくるめく神経心理/高次脳機能障害ワールドに(も)向いてると思う。
考え方とか手順とかがね,もうそのまんまですわ。

そういう,
「「研究」」もばっちりな心理士さんがもっと増えてくれるといいなって,
心から思ってます。


次回は6月16日(水)12時~。 ランチタイムジャーナルクラブ。
(そういや始めた当初はそうだったよね)


 *


まったく関係ないけど,発表者がいらっしゃるまでの待ち時間,
「縄文顔」と「弥生顔」の話をしておったわい。

|

« 平成22年度臨床領域卒業研究構想発表会 | Accueil | 相談室新歓 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

天才的と褒められた!超嬉しい!褒め上手め~。

Rédigé par: 凸 | le 19 mai 2010 à 18:17

褒めて伸ばすタイプですからね☆
ご存じの通りさ。

しかし王道神経心理学的思考法をおとりになっている,
というのはホントの話。

Rédigé par: m0ch1 | le 19 mai 2010 à 21:37

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48401273

Voici les sites qui parlent de NPJC100519:

« 平成22年度臨床領域卒業研究構想発表会 | Accueil | 相談室新歓 »