« 研究室研究会(卒論10-9)100510 | Accueil | 100511[bx1][y]パーキンソン病と衝動制御の障害 »

10 mai 2010

おおざっぱすぎるのをなんとかしたい

という健全な学術的相談を受ける。

...修論のことであれこれと。
 こんなに個別的にしゃべるの,久しぶりか。

ちゃあんと分解して眺めることと,
特性と認知方略がミスマッチの時どうなるんじゃとか。
 &
「熟慮」というキーワードを浮上させようみたいなことに落ち着く。
 ↑ これがてっとりばやく,かつコンセプチュアルに注目すべき点だというところは了解。


 *


おみやげに,
If you plan, then you can:
How reflection helps defensive pessimists pursue their goals

...この論文を頂戴する。

「計画を立てれば,きみもできる」

なんとまあ,状況適合的!
修論を書かんとする同期の皆様に,詳しくお伝えすべきでしょう。

|

« 研究室研究会(卒論10-9)100510 | Accueil | 100511[bx1][y]パーキンソン病と衝動制御の障害 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48326802

Voici les sites qui parlent de おおざっぱすぎるのをなんとかしたい:

« 研究室研究会(卒論10-9)100510 | Accueil | 100511[bx1][y]パーキンソン病と衝動制御の障害 »