« 神経心理学演習10-13 | Accueil | 100605[mz3] "Negative Self-Synchronization" »

04 juin 2010

神経心理学演習10-14

岡戸くん担当。

側頭葉てんかん,"accelerated long-term forgetting"。

When “long-term memory” no longer means “forever”:
Analysis of accelerated long-term forgetting in a patient with temporal lobe epilepsy

(長期記憶が永遠を意味しなくなるとき:側頭葉てんかん患者におけるALFの分析)


30分後の再生では健常対象群なみの成績であるのに,
その後急速に再生成績が低下する,
側頭葉てんかん-健忘患者RYのケーススタディ。

(実験1)診断・治療前=anticonvulsant medicationの前。
ストーリーのペアを学習する。
ストーリー1&2は,繰り返し再生・再認する
(その時期は30分後,その他以下の時期にあわせて4回)
ストーリー3&4は,一度だけ再生・再認(1日後)
ストーリー5&6は,一度だけ再生・再認(1週後)
ストーリー7&8は,一度だけ再生・再認(2週後)
ストーリー9&10は,一度だけ再生・再認(4週後)

→繰り返しのない再生は,30分後は良好だが,1日後に急速に成績低下。
 さらに1週後にはほとんど低下。4週後にはすっかり忘れる。
→選択肢を提示しての再認は,4週後にはチャンスレベル以下にまで低下。
  (1日後も有意に低下したが,アーチャファクトか)


(実験2)診断・治療後=anticonvulsant medicationの開始6週後。
発作はこの間みられなかった。
同様の手続きで。

→再生成績はなんらの改善もみられない。
 (※発作とALFの直接的因果関係はないということ)
→再認は,(4週後も比較的保たれ)改善効果が少々あり。


 *


(1) 繰り返しの再生は,忘却を防止する効果がある。
(2) 急速忘却は24時間以内に始まる。
(3) 抗けいれん薬がALFを改善する効果は"negligible"。


 *


・ 記憶の研究は,手続きがこみいっていて難しいのお。
・ 対象となった患者RYの経験する,"turns"と呼んでいる現象についてなんなんだろうね議論。
  デジャビュ的で"dreamlike"であるらしいが,急速に意識のモードが変容するらしい。
・ ストーリーの例がひとつも掲載されていなくて残念。発表者が著者に問い合わせる??
・ 「なぜケーススタディなのか」についてディスカッション;
  WMS-IIIやRey Ostereith FigureやWRMTといったスタンダードな記憶検査は「正常範囲」
  (AMIだけabnormal)で,しかしALFを訴える,という患者に遭遇する確率はいかほどと
  考えるか→ケーススタディしかできない状況,なのかもしれない。

・ カミカミでした?そうでもない。文章が高級すぎたからかみやすかったのではないか。
  睡眠不足気味だったのかしら---授業のチャイムが鳴っても起床しなかったしね笑
・ 直接ご自分の研究には関係ないかもしれないけど,
  「センター」に週1通っている院生の貴女へ。どーぞ(背景予備知識として)。

|

« 神経心理学演習10-13 | Accueil | 100605[mz3] "Negative Self-Synchronization" »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48543240

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習10-14:

« 神経心理学演習10-13 | Accueil | 100605[mz3] "Negative Self-Synchronization" »