« 神経心理学演習10-17 | Accueil | 100619[bx2]手とそれ以外 »

18 juin 2010

神経心理学演習10-18

小川さん担当。

本日の「ビジュアル系」その2。

両手でpointing。有名な"症例D.F."

Pointing to two imaginary targets at the same time:
Bimanual allocentric and egocentric localization in visual form agnosic D.F.


Milner & Goodaleの研究で有名なD.F.さん,what vs. how のtwo visual system話。

allocentric☆とegocentric(自己中心座標系) ☆:これの日本語化困難

3~5個のターゲットが布置されている空間(21cm×21cm)と,
その右隣に同じサイズの,しかしターゲットが布置されていない空間を用意する。

前者の,ターゲットへの直接的な("direct")ポインティングはegocentricallyに,
後者の,ターゲットがそこにあるかのように行うポインティング("pantomime")はallocentricallyに
行われる?!という先行研究があるが,そこでは一側手を使っていたのであった。

この研究ではそれを,両手それぞれが別々のターゲットをポインティングする課題で検討する。
→左右右手人差し指にIREDを装着。それで指の軌道を計測する。

比較対照は健常者2名。


結果。

・終着点での位置の誤り:直接ポインティングでは有意差なし。
 パントマイムポインティングでは位置の誤りが有意に大きい。

・二指間の角度・距離:実際のターゲット二点間の角度・距離とのズレを検討。
 「方向(角度)」エラーは差なし。距離エラーはD.F.の方が長い。

・到達までの時間。
 左右手間に有意差なし(=ほぼ同時に到達していて,「順番に」行っているわけではない)


 *


両手のポインティング,という研究はたしかに珍しい。

pantomimeポインティングは面白い。

allocentricな処理の障害が示された,ことになる。
とはいえこの,allocentric/egocentricの違いは教わらないとわかりにくい;
その場でお伝えしてみた。

先行研究(ていうか症例D.F.)のことを知らないと,
読みとくのはちょっと難しいかったかな。
しかし,あれこれ「頭で」こういうことかなと考えながら読むのは楽しいだろう。


 *


その後都合があったので,無理いって早く始めてもらい早めに終了。

諸君の能力を褒めたたえつつ,
今年度の神経心理学演習はこれにて終了。1学期開設の科目なので。
おつかれさまでした。

|

« 神経心理学演習10-17 | Accueil | 100619[bx2]手とそれ以外 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48661832

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習10-18:

« 神経心理学演習10-17 | Accueil | 100619[bx2]手とそれ以外 »