« 「返報性」の成立しにくいコミュニケーション | Accueil | オープンキャンパス(入試の説明会と研究室見学) »

17 juin 2010

研究室研究会(院10-9)100617

おふたり,と
「夏の予定」。

● 熟慮につぐ熟慮
 ・ 質問紙の形式についての議論から,モデルのことまで縦横矛盾
   考えれば考えるほどわけがわからなくなってくる。
 ・ 関連しそうな概念との位置関係を明確にする
 ・ 状況や結果の予期→「目標の立て方」そのものが変わる→取り組み方もかわる,
   のではないかという気がする。
 ・ 「わかれるわかれない」「わりきって」「なし崩し的に」「腐れ縁」...
   文脈を外してそれらだけきくと,どうしても違うことを連想させることばたち。
 ・ 「また来週!」とセンセはおっしゃった。


● 英語を日本語に変換するのは難しい。
 ・ もと論文(←そりゃレジュメにも記しておこうよ)
   (pdfもゲット可能)
 ・ FSCRS。3成分→Inadequate self / Hated self / Reassure self
 ・ 24-2=22項目と格闘する。
 ・ 「それでもなお自分でいることが好きだ」という項目の味わい深さ。
 ・ 研究の中での位置づけ,前回との関連について述べることは必要だ。
   これだけ労力かけている/かかったのだから。


● 7月30日(金)・31日(土)という日程は確定,北に向かう方針

|

« 「返報性」の成立しにくいコミュニケーション | Accueil | オープンキャンパス(入試の説明会と研究室見学) »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48658482

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院10-9)100617:

« 「返報性」の成立しにくいコミュニケーション | Accueil | オープンキャンパス(入試の説明会と研究室見学) »