« 100620[mz1]友人関係随伴性自尊感情と抑うつ傾向 | Accueil | 総合科目10-1-10(の一部:試験のアナウンスと授業評価アンケート) »

20 juin 2010

2010ヒューマン・ケア科学方法論I

本日午前,担当時間をこなしました。

何年か同じような内容を,少しずつ変えながら話しているのですが,
「心理学研究」全般の方法論を。
ついで,「実践」にかかわるあたりの心理学の方法論を。
そしてやっぱり,神経心理学研究の方法論を。

授業名に即して徹頭徹尾方法論-方法-分析方法の話だけする。


 *


「もやっと」型研究と「かちっと」型研究の話。

どこかであきらめる
(「諦めないといつまでもぐるぐるですよ」)という,
実生活上にもあてはまりそうな教訓を説く。
~「研究」の話での,見切りをつける話なんだけど。

以上2点が盛り込まれたところが,新しいといえば新しいところでした。


 *


レポートは7/10締切。
A4判1~2枚(2000字以内;それ以上あった場合はその先読まない)。
メールで提出。

よろしくどうぞ。

|

« 100620[mz1]友人関係随伴性自尊感情と抑うつ傾向 | Accueil | 総合科目10-1-10(の一部:試験のアナウンスと授業評価アンケート) »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48675818

Voici les sites qui parlent de 2010ヒューマン・ケア科学方法論I:

« 100620[mz1]友人関係随伴性自尊感情と抑うつ傾向 | Accueil | 総合科目10-1-10(の一部:試験のアナウンスと授業評価アンケート) »