« 研究はおろか教育もおろそか | Accueil | 納品→配本作業 »

02 juin 2010

平成22年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究報告書 構想発表・指導会

例年通り朝9時から途中休憩を挟みつつ14時まで。15名。

とはいえ,私が出席しましたのは午後の5名のところだけでした
(今日の会議は会議が優先だった;職務的に)

お題目を列記させていただく。

学校組織を活性化させる支援型リーダーシップの在り方に関する研究
 ―ファシリテーターによるチーム・ビルディングの実践を通して―

北海道の地方における小規模高等学校の活性化に関する実践研究
 ―特色ある地域の専門教育に着目して―

外国人児童生徒の学習レリバンスに関する研究

教育の「オープン化」をめざす学校づくりに関する研究
 ―△△市立▲▲小学校における「ハードとソフトの融合」を手がかりに―
    (※△△▲▲は実在名入りのタイトルですがいちお伏せ※)

高校生における学習動機づけと進学動機・進路選択に対する自己効力感との関連の検討

高等学校における文化祭に関する実践研究
 ―新構想高校の学校づくりに生かすために―

教育委員会の学校経営に関する支援方法の検討

ボーディングスクールのカリキュラムに関する研究
 ―全寮制在外校S学園高等部の事例を中心に―

総合学科の選択制カリキュラムにおける系列に関する研究

戦後日本社会におけるエリート養成校へのまなざしの系譜
 ―「男子校」、「女子校」の言説の分析―

中学校におけるストレスマネジメント教育(★)
 ―コーピングの自己評価に着目して―

保健室に来室する中学生への養護教諭の対応(★)
 ―認知行動的アプローチとその可能性―

あの高校教師はなぜ教師でいられるのか(★)

中学校におけるキャリア教育の効果の定着(★)
 ―栃木県N中学校の追跡調査をもとに―

求められる校長の資質とリーダーシップ(★)
 ―イギリス・イングランドにおけるスクールリーダーとの比較から―

 (★):ここは出席。


 *


5名のご発表のうち,4名には質疑時間にコメントし,ご回答をいただくやりとりをば。
出しゃばりすぎですか?
でも,コメントするのがここで求められている仕事なんだからね!
黙っていると仕事をしたことにならないんだ。
そんなの寝てるのと同じ。


 *


その後専攻の会議。
10月下旬の「お役目」分担(とその前に必要なこと),など。など。

|

« 研究はおろか教育もおろそか | Accueil | 納品→配本作業 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48525541

Voici les sites qui parlent de 平成22年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究報告書 構想発表・指導会:

« 研究はおろか教育もおろそか | Accueil | 納品→配本作業 »