« アカデミックカウンセリング+1 | Accueil | 潜在的自尊心と義務自己と自己批判 »

30 juin 2010

NPJC100630

それをimplicitというならば,implicitな効果。

Emotion–cognition interactions in schizophrenia:
Implicit and explicit effects of facial expression

(統合失調症者における認知-感情インタラクション:
 表情の,潜在的な効果・顕在的な効果)


統合失調症患者(vs. 健常対照群)を対象とした実験的スタディ。
実験は3つ。
[実験1]表情を用いたWM課題
     (表情は,怒り/喜び/中性)
[実験2]表情カテゴリー判断課題
     (表情は,基本6表情+中性)
[実験3]情動価と覚醒度

実験2において,統合失調症群では怒り表情判断正答率が低下するのに
 (顕在的には低下)
実験1において,明示的にはそれに注意を払うことが求められないWM課題の
 成績は,怒り顔において成績が良好である
 (潜在的には処理されている)

なお,実験3における感情価・覚醒度の評価には,群の主効果がみられない。


→WM課題における「怒り顔の促進効果」がみられることから,
 潜在的な情動処理は保たれている。


 *


・これをWM課題と呼ぶことへの疑問
・そもそも何をもってWM課題と呼ぶか。WM低下とするか。
・ずるい。実験1における情動は,怒りと喜びだけじゃないか。
 (他の「ネガティブ」表情ではどうなのか)
・実験2で,正答しない場合の間違え方はどうだったのだろう?
・認知(入力)側の問題だけなのか?体験は?・・・さあわかんない。
・ポジティブの側の他の選択肢はないんだろうか。
 happyを,微笑みと大笑いに分けるとか。あと「シャーデンフロイデ顔」とか(実演あり)。
・感覚が過敏になることの話→発達障害との対比→神経発達障害説とか。

・「うまくない絵を描くことの教育的効果について」
 (そのとおり!パワポじゃなくって黒板やホワイトボードに描くことは
  たいそうな教育的効果があるんだ;記録する前に消しちゃったけど)

・でこうして記録されちゃうわけだ☆


 *


次回は7月15日(木)12時から,ランチタイムジャーナルクラブ!

|

« アカデミックカウンセリング+1 | Accueil | 潜在的自尊心と義務自己と自己批判 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

iPadを「教育目的」で
本気で買おうかと考え始めた。

この会では,あるとたしかに便利そうだ。毎回。

...とりあえず1台。

Rédigé par: m0ch1 | le 30 juin 2010 à 22:14

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48761677

Voici les sites qui parlent de NPJC100630:

« アカデミックカウンセリング+1 | Accueil | 潜在的自尊心と義務自己と自己批判 »