« 研究室研究会(卒論10-個別相談05)100615 | Accueil | 100616[mz1] 敵意のある批判/敵意のない批判を知覚する »

15 juin 2010

晴天の本日エレベーターで見知らぬ人に雨降りの心配を語る

見知らぬ人を知り合いの人とばかり
思いこんでまして。


失態を自然に取り繕う。

1階からの上昇モード時。


「こんなに天気いいけどやっぱり雨降るのかなーきょう」
 (※太字あたりをしゃべっているときに,見ず知らずの院生?学類生?であることが判明;
   明らかに太字部分がそぐわないですな)


「ええ,夜には降るって言ってましたよ。洗濯物が心配ですね。」
 (※少々びっくり顔され見つめられながら,そのように返された;なんてやさしい子なんだ)


ああ,そうなんだ。それが気になってね
 (※ヘンにしゃべりのモードを変えるのもなんだし,そのまま気軽にしゃべってみた)


...彼女は3階で降りたのであった。


 *


天気の話をするのは一般に無難なわけですが,
しゃべりのモードがこれではね。


そういうフランクな教員だと思ってくれるといいのだけれど。
単に間違えただけなんだけどね。

|

« 研究室研究会(卒論10-個別相談05)100615 | Accueil | 100616[mz1] 敵意のある批判/敵意のない批判を知覚する »

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48639192

Voici les sites qui parlent de 晴天の本日エレベーターで見知らぬ人に雨降りの心配を語る:

« 研究室研究会(卒論10-個別相談05)100615 | Accueil | 100616[mz1] 敵意のある批判/敵意のない批判を知覚する »