« 試験問題の印刷ソート(留め金とめ) | Accueil | 研究室研究会(院10-10)100624 »

24 juin 2010

思路ということ

その障害(機能低下)は
書字に(も)出現しうるの?

かの先生は,音連合Klangassoziationということの説明をされた
(オヤジギャグ,みたいな,とも)。


『精神症候学第2版』によれば(p.332),

「思路が疎locker(D)である,または連合弛緩Assoziationlockerrung(D)といい,
 話が飛躍(思考跳躍Gedankensprung)したり途中で省略されたりする」
とあり,


『フィッシュ臨床精神病理学(第3版)』によれば(p.55),

「思考の全般的方向がなく,連続する思考間の結びつきは偶然の,だが通常は
 了解可能な諸要因によるもののように見える。患者の会話は容易に外部刺激
 へと逸れ,また内部の表層的な連合によっても逸れる。思考の進行は,
 最初の牌の半分が次の牌の半分を決定するというドミノゲームにたとえる
 ことができる。思考の決定的な傾性が欠如しているため,一続きの観念の
 連合は,偶然の関係,あらゆる言語的連合(類語,頭韻など),音連合,
 諺,古来の格言,決まり文句によって決まる。」
とある。
これは,思路の障害のうちの,速度の障害に分類されている。


思路stream of thought
の障害,もしくは「機能低下」。


 *


高次脳機能障害としてその手の障害はありうるんだろうか?
直接的にも間接的にも,見聞きしたことはないように思われる。


そしてそれが口頭言語(語り)だけでなく,
文字言語(書き)にも現れるの?
なんと不思議なことでしょう。

謎。


他にも謎なことはあったけど,これがもっとも謎だった。

 *


あの場にいた何人の人が,
後に自ら調べたりしているだろうかは,
気になるところではある。

|

« 試験問題の印刷ソート(留め金とめ) | Accueil | 研究室研究会(院10-10)100624 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

早退が悔やまれます。

Rédigé par: 凸 | le 24 juin 2010 à 22:29

残念だったね。
お大事に,です。

Rédigé par: m0ch1 | le 24 juin 2010 à 23:05

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48712552

Voici les sites qui parlent de 思路ということ:

« 試験問題の印刷ソート(留め金とめ) | Accueil | 研究室研究会(院10-10)100624 »