« 個別的ディストレスへのトレランス | Accueil | パターンを読む »

08 juil. 2010

研究室研究会(卒論10-個別相談06)100708

高所恐怖を質問紙でとってみることについて。

「研究1」で自由記述をもとに原案を考える。
 → どうなるか,なかなか興味深い

場面設定なしの,nonspecificな問いをする点と,
思考や感情,身体状態を尋ねる(行動ではない)点が
よく用いられているあの尺度と異なる点になるらしい。そう,押そう。


VASでどれくらい恐怖なのかをとって,
項目なり因子なりとの関係をみるのも面白そう。

・プラス8項目程度なら。逆転項目とか,ポジティブ項目とか考慮。


あと,「研究2」の方も。実験どーすっか。→夏休み,ないねえほとんど。

|

« 個別的ディストレスへのトレランス | Accueil | パターンを読む »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/48834393

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論10-個別相談06)100708:

« 個別的ディストレスへのトレランス | Accueil | パターンを読む »