« 学類カリキュラムWG | Accueil | 切ない気持ちになりながら »

25 août 2010

100825[y][mz1]認知療法の神経生理学的モデル

を,
Clark DAとBeck ATが

TICSで提唱。

100825[y][mz1]-1 cognitive therapy; anxiety; depression
Cognitive theory and therapy of anxiety and depression:
Convergence with neurobiological findings

まあね,Trends in Cognitive Sciences 誌ですから,
Cognitive Therapy に関するレビュー論文を載せるのはかまわないと思うし,
著者らが大御所ですからねぇ。
クラークとベックですもんねぇ。


しかし。


(Abstract)
Empirical evidence consistent with this model is discussed that indicates
the effectiveness of cognitive therapy could be associated with reduced activation
of the amygdalohippocampal subcortical regions implicated in the generation of
negative emotion and increased activation of higher-order frontal regions involved
in cognitive control of negative emotion.

...といったようなことは,
認知神経科学の人たちには別になんらの目新しいことでもないので,
どうしてこの雑誌にあえて?
(むしろ,臨床心理学系の雑誌に載せる方が,へぇ~って感じで読まれるのでは??)


ただ,その続きにある,

Future cognitive neuroscience research is needed on the unique brain substrates
affected by CT and their role in facilitating symptom change. This future research
would have important implications for improving the efficiency and efficacy of this
treatment approach.

この太字のところは,そうかなあと思う。
治療の十分さとか効率とか,「それがうまく行くにはどうすればいいのか」,
という点は,たしかにこれからの研究なんでしょう。


 *


本文を読むと,Figure 1. に
Neurophysiological aspects of Beck's cognitive model of anxiety and depression.
ていうのがあり,そこでは,

Environmental triggers
   ↓
Enduring vulnerability: genetic & personality
   ↓
Negative schema activation:
→hyperactivity of the amygdala, hippocampus & alteration of the ventromedial prefrontal cortex

ここから分岐。

(良くない方はその後)
Inhibited cognitive control: reflective processing
→inhibition of anterior cingulate cortex, medial & lateral prefrontal cortex, orbitofrontal cortex
   ↓
Ineffective coping&avoidance
   ↓
Anxious/Depressive symptoms

(そうではなくて良い方はその後)
Activated cognitive control: reflective processing
→activation of anterior cingulate cortex, medial & lateral prefrontal cortex, orbitofrontal cortex
   ↓
Effective coping&responses
   ↓
Relief


最近のモデルでは「自動思考」とか「推論の誤り」とか出てこないんだ?? へぇ~。
そのあたりも neurophyiological に説明できたらいいのにね。
まだまだ。


 *


認知療法/認知行動療法を施す側の方々も,
その「認知」の神経生理学的側面に関心を持ってもらえればいいですね。

と思ったりした。

|

« 学類カリキュラムWG | Accueil | 切ない気持ちになりながら »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Trends in Cognitive Neurosciences
じゃなくって,
Trends in Cognitive Sciences
だった。修正。

TICSじゃなくってTICNだよね;もしそれが正しいならば。

Cognitive Neuroscience(s)と綴る方が頻度が高いので
ついつい間違えてタイプしたままでしたわ。

Rédigé par: | le 25 août 2010 à 16:46

認知療法の「認知神経科学化」といったタイトルのほうがよかったですね~

センスの問題。

でも
認知(認知行動)療法に限らず,いかなる療法であっても
究極的には脳活動状態の変容を促しているのでしょう(はず)。

Rédigé par: m0ch1 | le 27 août 2010 à 09:05

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49247660

Voici les sites qui parlent de 100825[y][mz1]認知療法の神経生理学的モデル:

« 学類カリキュラムWG | Accueil | 切ない気持ちになりながら »