« はりのむしろタイム | Accueil | さすがにしんどかったのであります »

07 oct. 2010

研究室研究会(院10-15)101007

私が雲の上の人になったり。

その他3件。

■ 修士論文作成体制の確立
・ 今年は初めて修論生が「複数名」存在する年度なので,
  修論生と私の間に,博士課程院生さまに入っていただく仕組みをしかける。
   ※そしてそれは,グーチョキパーの相性で決定(笑)
・ 「私を雲の上の人イメージでよろしくたのむ」と言ったら,
  「じゃ俺たちは雲ってことですねぇ」と言われた... さすが,殿下。
  そういうことになりますね。ふわふわ漂って私の姿を見えないようにしてください。
  なんなら一度も見えなくてもいいくらいの勢いで。
・ しかし,従来の体制とは異なる体制作りは,必要なことでありまする。


■ 何をやろう?
・ →それでいこ。前半調査系/後半実験系。
・ スムーズ。


■ 分析どうしたら?
・ →全部一緒にやるのさ。
・ 狙っている「抽出」がうまくできない場合のオプショナルな論理展開も考えておく。
・ 見ない方がいいこともある(笑)


■ 質問紙(案)
・ やってみる → こんなにみんながぶーぶー言うのも珍しい。
・ 回答の形式を少し変えること。
・ (その場で決めたところ以外にも),問う内容を吟味厳選する方針で。
・ 「小・中・高校の授業」という列は消滅させるのね。「専門書」は追加するのね。


 *


予告したほどには,不機嫌ではなかった。でしょ?!
しかしいつもよりは早めに終了(それがよかったのかもしれない)

|

« はりのむしろタイム | Accueil | さすがにしんどかったのであります »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49682217

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院10-15)101007:

« はりのむしろタイム | Accueil | さすがにしんどかったのであります »