« 101015[mz1] Behav. Res. Ther. 48-11 | Accueil | 101016[bx2]似ている他者より似ていない友人 »

15 oct. 2010

101015[mz3] "urgency"と「問題行動」

衝動性のなかの"urgency"が
いかに問題行動と関連しているか。

101015[mz3]-1 urgency; impulsivity; inhibition; decision making; problematic behavior
The role of urgency and its underlying psychological mechanisms in problematic behaviours

えー,ここで問題行動とされているのは
 「強迫購買」
 「過度なケータイ使用」(!)
 「過度なインターネット使用」(!!) の3点です... org


UPPS衝動性尺度の4つの下位尺度
(Negative urgency; Lack of premeditation; Lack of perseverance; Sensation seeking)

上記3つの問題行動とどうつながっているか,という研究なんですが,
3つすべてと有意な相関を示すのは Negative urgency です。

それで,Negative urgencyはどこから来るのか
実験室で行った課題(Stop-signal task,Iowa Gambling Task)のパフォーマンスを考慮すると,
(そのままAbstractの一部を引用↓)
A poor ability to inhibit prepotent responses in the emotional condition
of the stop-signal task was found to predict more disadvantageous choices
in the IGT, which ultimately results in higher urgency and more problematic behaviours.
...という流れになるという結論。


 *


私も,毎日,Stroop課題で色名呼称したり後出し負けジャンケンでもして
"prepotent responses の抑制"が養成されれば,
過度なケータイ使用やインターネット使用といった
「問題行動」 (笑)
が減じるのかもしれません。

しかし買い物はもともとそんなにしないんだけどな...
この手の研究の謎な(未解明な)ところだ。

|

« 101015[mz1] Behav. Res. Ther. 48-11 | Accueil | 101016[bx2]似ている他者より似ていない友人 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49755059

Voici les sites qui parlent de 101015[mz3] "urgency"と「問題行動」:

« 101015[mz1] Behav. Res. Ther. 48-11 | Accueil | 101016[bx2]似ている他者より似ていない友人 »