« 101029[mz1] Behav. Ther. 41-4 | Accueil | 研究室研究会(卒論10-19) 101101 »

30 oct. 2010

101030[bx1] critical brain regions for action recognition

行為の「理解」「認知」って脳のどこでどんなふうになされているのか,
実は諸説あるところなんです。

101030[bx1]-1 action recognition; apraxia; IFG; IPL; MTG
Critical brain regions for action recognition:
lesion symptom mapping in left hemisphere stroke

左半球の,下前頭回(IFG)?/下頭頂小葉(IPL)?/中側頭回(MTG)?
議論のあるところです。


43例の左半球損傷例に対する,
semantic gesture recognition taskと
spatial gesture recognition taskのパフォーマンスと
病巣の関係を,voxel-based lesion symptom mappingによって検討したところ,

semantic taskの方は,posteriorMTGの損傷%と,

spatial taskの方は,IPLの損傷%と関連がみられた☆。

(という結果であるからして,IFGとは関連がみられなかった★)。


 *


MTGが行為と意味をつなぐcentral nodeとされていて,
IPLは("parietal" mirror neuron system)object関連の姿勢や動作のエンコーディングという
(行為理解・認知には)限局的な役割。


 *


失行症患者において,行為理解・認知は障害されたりされなかったりするが,
posterior MTGの損傷の程度に左右されていたかもしれない,
というオーソドックスなところでの知見の意味づけ(☆)と,

同時に,むしろ,★の方が重要性が高いかも;
世間に(一般社会に)流通している「ミラーニューロン観」からしても。
行為の「理解・認知」と行為の「遂行」は乖離して低下することだって
もちろんあるんだぜ。

|

« 101029[mz1] Behav. Ther. 41-4 | Accueil | 研究室研究会(卒論10-19) 101101 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

ご無沙汰しております。お元気ですか?山形は寒いです。
へぇぇそうなんだなぁ。
ミラーニューロンって言語や道具使用が基本的にはないサルでの話しだ(っていうか、やろうと思えばできるかもしれなけど、日常的に使ってないって意味で)と、私個人としてはいつもなんだかその関係を言われると釈然とせず、考え込んでしまうのですが…。
意味も空間もなく、すべてどうしても不器用な症例もいるんだけどなぁ、とか、皮質下の人ってどう考えているんだろう、とか、先生のレビューを読んで、ゆうこの心、刺激されました。最近色々サボっていて、全然アンテナ立てていなかったので、このBrain、読んでみようって思いました。
素敵な情報、ありがとうございました。

Rédigé par: ゆうこ | le 01 nov. 2010 à 10:48

いつも真剣なまなざしの ゆうこ の心を刺激してしまった...罪深い私(笑)


ミラーニューロン「ストーリー」が
行為障害系の症例研究とどうつながってどうつながらないのかは
関心があるのですが,
私もいつもよくわからなくなります。
意外にダイレクトに「失行」と関連づけて考察したのって少ないような気がするんだよね...


また今月,会いましょうね☆ぷぷ


 *


ところで私が,
失行その他の行為障害に関する神経心理学研究で
博論を書いたことを知っている方ってのは
(ここをご覧になっている方々の中に)
どれくらいいるんだろう...

Rédigé par: mochi | le 01 nov. 2010 à 11:54

「ゆうこ」の心を刺激してしまったんですね…(先輩を呼び捨てにしてしまった!).

失行が苦手な私個人の感覚では,どうも何でもかんでも(失行に限らずに)「ミラーニューロン」ストーリーに乗せてしまう,昨今の状況が好きではありません.
ミラーニューロンストーリーは確かに解釈としては楽だし,クリアに整理できる部分もあるのだけども,それをストーリーにしてしまうことで,ちゃんと認知プロセスを分解し,分析するという作業が無視されているようにすら感じています.単にコンサバティブなんでしょうか?私….

あ,私にとってはmochiさんは(もちろん今でも)失行やさんだと思っていました.
最近は違うんでしたっけ?(なんて言ってみたりする)

Rédigé par: moon | le 01 nov. 2010 à 16:42

「分解し,分析する」作業なしに,これはMNSであーたらこーたらと言われるのは好きではない,
というお怒りはごもっともだと思います。
もっと腹立たしいのは,そういう知見の“検証なき文化的拡張利用”のほうですけども。

この流れとは全然関係ないところで,ですけど,
moon様はお仕事的にも外見的にもパーソナリティ的にも,
誇るべきコンサバティブさ★★★★★でしょう(笑)


> 最近は違うんでしたっけ?(なんて言ってみたりする)

あうあう。
ついでに,いじめにあうとは思わなかった。

Rédigé par: mochi | le 01 nov. 2010 à 19:03

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49883051

Voici les sites qui parlent de 101030[bx1] critical brain regions for action recognition:

« 101029[mz1] Behav. Ther. 41-4 | Accueil | 研究室研究会(卒論10-19) 101101 »