« 101020[bx1]"representational neglect"とmental images | Accueil | 平成22年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究報告書 中間指導会 »

21 oct. 2010

10心理学II(ストレスと健康)-3

この続き

ストレスの生理的反応の途中から。

最初に,「アミちゃんとカイくんとHPAの関係」☆を板書して
前回最後のあたりのつながりをもたせた。


psychoneuroimmunologyとか
健康関連行動とか。

その後,
(心理学的ストレス研究ではよく扱われる)コーピング(copyingじゃない)
援助技法(行動技法★・認知技法)。

とまあ教科書的進行によって,ほぼ予定通り消化する。

 ☆それがないと,なんで扁桃体と海馬が関係するのかわかりにくいと思って。
   しかしちょっと説明間違えてたところがあった,かな... HPAがどっち系統かという点で。
 ★ヒルガードの"Introduction to Psychology"15th ed.では,14th ed.にはあった「瞑想」が消えた。


 *


今回は授業参観されなかった。

冒頭に,「恋愛スキルトレーニング」の参加者募集に協力した。
私も参加してみたいくらいだが...対象者は青年期だそうで。無念。

あと15分くらいのところで
のどがイガイガして声が出にくかった;ペットボトル持参しよう。理由はわからん。

授業後に「メランコリー親和型」についての質問を受けた。(1年生だよねぇきみ;)


 &


フォロワーさんが増えたので,
授業としてはまあ良いところがどこかにあったのではないかと。

|

« 101020[bx1]"representational neglect"とmental images | Accueil | 平成22年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究報告書 中間指導会 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49810915

Voici les sites qui parlent de 10心理学II(ストレスと健康)-3:

« 101020[bx1]"representational neglect"とmental images | Accueil | 平成22年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究報告書 中間指導会 »