« 研究室研究会合同10-2(卒論10-17 + 院10-14)100930 | Accueil | ぞくぞく »

01 oct. 2010

第2回将来計画委員会

某組織の将来について論じあい,のち計画する。
すばらしい会なのです。

第1回の委員会には欠席したのでした。

そのときの議論を配付資料で追いつつ,新たな状況変化にも対応して,

夢と現実を勘案しながら,
ボトムアップな将来計画と
トップダウンな将来計画について論じあいました。
1時間半。
任命された職務でありますから。
しがらみとか「ざぶとん」とか経緯とか含みつつ(含みたくないけど,含めざるを得ない)。


見る夢はそれぞれ異なる。
また,想定する将来も異なることはわかった。
ここでいう「将来」の時期とか内容とか方向とかもなんだかまちまち。

だから,
範囲を狭めに限定して,
長期的なものでもなく,中期的なものでもなく,短期的なところから行きましょうよ,
というのが私の考えであります。

夢は大事だが,現実もまた大事です。
先行き不透明で,どうなるかわからないところは後回しに。
三点挙げたうちの,手のつけやすいふたつから行きましょう。
あの話とこの話は,あまりしない。と。

大きな理念は,いらないし,できないと思うんです。


こんな風に,論じ方を計画する回でした。


 *


第3回委員会日程がその場では決められない,というのはなんだか象徴的。

「将来計画」委員会の
「かなり近い将来の計画」が立てがたいのですから...

|

« 研究室研究会合同10-2(卒論10-17 + 院10-14)100930 | Accueil | ぞくぞく »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49614861

Voici les sites qui parlent de 第2回将来計画委員会:

« 研究室研究会合同10-2(卒論10-17 + 院10-14)100930 | Accueil | ぞくぞく »