« 10心理学II(ストレスと健康)-1&2 | Accueil | 研究室研究会(院10-15)101007 »

07 oct. 2010

はりのむしろタイム

直接チクチクされるよりも,

間接チクチクされるほうが,

いたたまれない。

最後のところで「緊張感」を醸し出してみましたが...


私は,どのような場合であっても

「常にあたう限り局所的かつ最小限に処理すべきである」

と考えているので,
(私たち...というかあなたたち...にそこまでする権利がいったいどこにあるというのか,
という意識は常に持っていた方がいいと思うよ)

仮説というか「見立て」(←この“業界用語”はなるべく使いたくない)を
抱くことはけっこうなことだけれども
(そして,それも十分検証に値する仮説のひとつではあると思うけれども)
ファーストチョイスとしてそういう方針になることはまずありえない。


 *


で,
私もまた「緊張感!カンファはこうでないと。
(許可を得ずあちらでのつぶやきを引用(笑))に
激しく同意なのです。


生ぬるい発言,生ぬるいやりとり,生ぬるい空気,は,
ほんとうにほんとうに,誰のためにもならないのです。

(あと沈黙の...静かな時間も → 考えていること思っていることは,すぐにでも言え。)

|

« 10心理学II(ストレスと健康)-1&2 | Accueil | 研究室研究会(院10-15)101007 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

なるほど。納得。「可能(かつ有効)ならば最大限に」との、思想的な差異だったわけですね。

Rédigé par: 凸 | le 08 oct. 2010 à 18:44

うん。
思想信念信条に抵触するので
黙って聞き過ごすわけにいかなかったというわけさ。
→私が,この業界とどうも水が合わない気がするひとつの理由でもある。

「ニーズ」ということへの意識
(何を求めて来られたのか,それをどう考えるか),
ともいえるかな。

Rédigé par: m0ch1 | le 08 oct. 2010 à 19:31

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49681589

Voici les sites qui parlent de はりのむしろタイム:

« 10心理学II(ストレスと健康)-1&2 | Accueil | 研究室研究会(院10-15)101007 »