« アカデミックカウンセリング平成22年度No.3(続)+α | Accueil | 平成23年度卒業研究(臨床心理学領域)説明会 »

28 oct. 2010

転移とか逆転移とか

難しいお話しで

それをどう扱うかとか高尚すぎて。


 *


転移なしでも「逆転移」は生じるのか? とか


「話すことがなくなった」は良いことじゃんという視点だってあるじゃん?
 (自己省察が深まった結果,ここで話をしなくてもよいと思ったのかもしれないわけだし)
 (継続は,こちら側の,なんらかの理由による願望なだけかもしれない) とか

どんなに(無色透明/"オールマイティ"を装っても)「相性」というのはあるよね~ とか


オウム返しすりゃいいってもんじゃないんじゃない? とか

(よく言われる)「聴く」は,「聞く」と違うところがあるわなあ とか


なんの感情もわかなかったら/それが感じられるやりとりじゃなかったら,
こちらもあちらも,それが一番不気味だよなあ(お互いに) とか


そんなことをつらつら考えてました。


 *


まあ,熟慮することには意味があると思う。

特に,なぜ,
他では「ひいき」に「支障がない」
(よく言った;支障がないばかりかそんなのはあたりまえだ)と考えられるのに
こういう話では「支障がある」と思ってしまうのか。


 *


彼の,捨て身的コメントがステキでしたはい→話を展開する技法面で。
だいぶ腰を折られ折られしていたけれども(笑)

|

« アカデミックカウンセリング平成22年度No.3(続)+α | Accueil | 平成23年度卒業研究(臨床心理学領域)説明会 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 転移とか逆転移とか:

« アカデミックカウンセリング平成22年度No.3(続)+α | Accueil | 平成23年度卒業研究(臨床心理学領域)説明会 »