« 平成23年度卒論折衝第四号案件 | Accueil | コメントスパム対策 »

22 nov. 2010

研究室研究会(卒論10-個別相談)101122

大量のSPSS出力を携えてやって来た。

ひととおり出力結果を見て解説してもらいながら,
どの結果で執筆するかを決定する厳粛な作業であります。

尺度得点に基づいて対象者を群分けする際に,
2群にするか3群にするか,という問題があり,
3群にする際の分け方にも二通りあり。
群分けの異なるオプションを横に並べて眺めたときに
どれで行きましょうか,というご相談
(だったので,出力大量となるわけであります)


で,決めました。
もっともシンプルなやつで。
なぜなら
 従属変数となる測度があれこれあるから。
 群分けの基準となる尺度も複数あるから。
 3-way ANOVAだから。
...それで行けそうだから。


もうひとつ,研究開始時に彼女が言っていたことは
どうやら現実にそうであるらしいことが群分け→分析の工夫で示されることとなり,
その分析も入れようということに
(掲げた「目的」からすると,オプショナルな扱いですが)。


2時間弱。


|

« 平成23年度卒論折衝第四号案件 | Accueil | コメントスパム対策 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50102760

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論10-個別相談)101122:

« 平成23年度卒論折衝第四号案件 | Accueil | コメントスパム対策 »