« 101030[bx1] critical brain regions for action recognition | Accueil | 平成22年度ヒューマン・ケア科学専攻博士論文中間発表会 »

01 nov. 2010

研究室研究会(卒論10-19) 101101

3人と(おひとり欠席)。

「理解しやすい別れ方」の回であった。

11月になったねえ。あと1.5ヶ月だねえ。

といいつつ,
まずは院生のお姉様の調査に協力願う。


短めに順番に。


■ 結果は書き終えました!

・たいへんけっこう。
・結果だけで既に60ページになるとかならないとか聞きましたが,
 別にトータルで100ページを越えようがもっと増えようがいっこうにかまいません。
 (副査の先生にどう思われるかはしらなーい)


■ 評定の。

・結果が戻ってきたり,待ちだったり。
・結果の入力(を別シートに)と,その後のこと(「カッパ」とか)。


■ 実験完全終了分析着手。

・データを眺めて群分けして検討してみる?→やってみるように。世界で初めての発見かもしれない。
・SCRとか脈波とか。まずは一番オーソドックスな方法で。


 *


今回の銘記すべきポイントはこれをおいて他にない↓写真に残しておく価値があろう


1101


当然のことながら,「理解しやすい別れ方」という点について,詳しくきいてさしあげました。
しかも,まだ悩んでいるというから...
皆,親身になってアドバイスをしてましたよ。

研究室の卒論生諸君は,
このようなツッコミがいのあるネタで,
おおいに笑って楽しめる余裕があり,よろしい。


 *


次回は11月16日(火)14時。
卒論提出締切日のちょうど1ヶ月前です。

|

« 101030[bx1] critical brain regions for action recognition | Accueil | 平成22年度ヒューマン・ケア科学専攻博士論文中間発表会 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

写真見たら思い出してまた笑っちゃいました。
先生のアンダーラインの引き方がまた面白いですw

とっても親身な研究室ですねっ!

Rédigé par: ichikawa | le 02 nov. 2010 à 00:59

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49907153

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論10-19) 101101:

« 101030[bx1] critical brain regions for action recognition | Accueil | 平成22年度ヒューマン・ケア科学専攻博士論文中間発表会 »