« 平成22年度ヒューマン・ケア科学専攻博士論文中間発表会 | Accueil | 101103[mz2]ワーキングメモリと情動制御(その2) »

03 nov. 2010

101103[y]ワーキングメモリと情動制御(その1)

抑うつ患者の情動刺激に関するワーキングメモリのupdatingに関して。

101103[y]-1 depression; working memory; emotional 2-back; disenagagement
Updating positive and negative stimuli in working memory in depression.

emotional 2-back課題(表情)を用いて,
抑うつ患者 対 対照群の相違を明らかにする。
表情刺激は happy/sad/neutral。

・両群とも,情動価のある刺激に対するバイアスを示す。

・抑うつ患者群では悲しみ刺激からの解放が遅く,幸せ刺激からの解放が速い。
 対照群では(悲しみ/中性刺激に比べて)幸せ刺激からの解放が遅い。


 *


どこかで聞いたことのあるような話だな。

|

« 平成22年度ヒューマン・ケア科学専攻博士論文中間発表会 | Accueil | 101103[mz2]ワーキングメモリと情動制御(その2) »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49924504

Voici les sites qui parlent de 101103[y]ワーキングメモリと情動制御(その1):

« 平成22年度ヒューマン・ケア科学専攻博士論文中間発表会 | Accueil | 101103[mz2]ワーキングメモリと情動制御(その2) »