« 101109[bx1]あの人の筆跡を見てもそこからあの人らしさを感じられなくなる | Accueil | 平成23年度卒論折衝第一号案件 »

09 nov. 2010

101109[y][bx1]その隙間を通り抜けられるか

(実際には通り抜けられる程度の隙間も)

「私は通り抜けられない」と,

神経性無食欲症患者は感じるらしい。

101109[y][bx1]-1 anorexia nervosa; body schema; parietal networks
Anticipation of body-scaled action is modified in anorexia nervosa

「身体サイズの過大視」はAN患者でよくみられる「信念」とされているが,
それを物理的に身体を動かすような(body-scaled action)状況においても確認。

病期の長さや身体懸念・身体不満足感と
「通り抜けられる/通り抜けられない」隙間の広さ
にも相関もあるらしい。


よって,


Our results suggest that body size overestimation in anorexia nervosa is
not solely due to psycho-affective factors
but rather suggest impaired neural processing of body dimensions
that might take its source in parietal networks.

単に認知-感情要因によってのみ身体サイズの過大視が生じているのではなく,
脳機能的にみた身体処理の障害によるところもあるかもしれない。
頭頂葉系。


 *


なにか parietal な神経心理タスクもとってみたら知見が補強されますかね;
(この研究ではそれはしていないけれども)


 *


車の運転なんかも,
ちょっと「慎重になる」のかもしれないなと想像。
細い道とか,
すれ違うのがぎりぎりで難しそうな局面での判断とか。

|

« 101109[bx1]あの人の筆跡を見てもそこからあの人らしさを感じられなくなる | Accueil | 平成23年度卒論折衝第一号案件 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49977695

Voici les sites qui parlent de 101109[y][bx1]その隙間を通り抜けられるか:

« 101109[bx1]あの人の筆跡を見てもそこからあの人らしさを感じられなくなる | Accueil | 平成23年度卒論折衝第一号案件 »