« 101109[y][bx1]その隙間を通り抜けられるか | Accueil | 「通知票」を受領 »

09 nov. 2010

平成23年度卒論折衝第一号案件

今期初であります。

某領域某先生からのご指名「リファー」で先生にもお話を,
という流れでやって来られた。
話を聞いてみたら,某領域の別の先生ともお話ししているらしい。
早くから動いてみるのはよいことだ。


 *


比較的よく取り上げられるテーマで,
関連する卒論なら私のところで5本ほどある A という
テーマというかキーワードというかを持ってこられた。
たしかに,そのテーマでしたら「そちらの領域」でも「こちらの領域」でも。
切り口をどうするかによって決めたいところがある。

「こちらの領域」的にするならば,
<なぜ?>メインか,
<どうしたら?>メインか。
どちらでもいけそう。

そして,
実験でいこうと思えばできるし,質問紙調査でいこうと思えばそれも可能。


難しいところは,
関連する研究がたくさんあって,
オリジナリティをどう出していくかというところだ。
自分の関心の源をよく確認するといい。
ふだんの場面もよく思い返すといい。

お話ししながら,A を含めてキーワードを4~5つ挙げてみた。
さらに,「こんなのあるよ」論文1本を発掘してコピーをさしあげました。

それをみながら,もうひとつ思いついたことも申し上げました。
 ↓
あるふたつの特性の高低でよく議論されることについて,
状況による左右されやすさ
というのはないのだろうか。
つまり,欲求も状況に応じて出たり引っ込んだりしないんだろうか,ということ。
でそれに応じて A も上がったり下がったりするのかな?


 *


まだ時間があるから,ゆっくりお考えになるといいでしょう。

|

« 101109[y][bx1]その隙間を通り抜けられるか | Accueil | 「通知票」を受領 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/49979318

Voici les sites qui parlent de 平成23年度卒論折衝第一号案件:

« 101109[y][bx1]その隙間を通り抜けられるか | Accueil | 「通知票」を受領 »