« 心理学基礎実験2010-D | Accueil | 研究室研究会(卒論10-20+個別相談) 101116 »

16 nov. 2010

平成23年度卒論折衝第三号案件

午前中にお目にかかりました。

進路のご希望★がはっきりしているので,
領域は限定ということですね。


で何をしたいかお尋ねしましたら,

 まずひとつ,Fの日々の変動はどうしてかということで。

 ついで,大学生にはままありがちな,とある行動Gのことを。

(Fは社会心理系の研究でみる;複雑にしようとすればいくらでも複雑にできる;
 Gは昔流行った研究概念と通ずるところがあるが,その初期段階というか)

→どうもふたつをまとめると,H(通し記号的アルファベットでっせ) に関心あるのかなーということに。

そのことについて,今度は私から3つほど,
・それを領域限定的とか一時的なものとして考えたらどなんだろう,
・Gのパターン調査してみる?
・神経心理学的な観点からそれはどんな感じか?
などと思いついたことをお話ししてみる。

そしてどうやら,(うまく実験的研究は思い浮かばないので)「調査」かな,というところで。

実はこの「卒論折衝」
(3年生がこの時期こうして活動するときのその動き方)にも関係がありそうなテーマ
だったりもする。


 *


英語論文を読むしかなさそうです。
内容ももちろん精読じゃなく要約的に読めばいいですが,

今の時期はむしろ,「方法」をよく眺めることです。
一年間で卒業研究で★,どのようなスタイルの研究をどのように進めればいいのか。


 *


★ご計画の立て方も,その先を見越して立てるとよいでしょうというアドバイスも。


|

« 心理学基礎実験2010-D | Accueil | 研究室研究会(卒論10-20+個別相談) 101116 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50047270

Voici les sites qui parlent de 平成23年度卒論折衝第三号案件:

« 心理学基礎実験2010-D | Accueil | 研究室研究会(卒論10-20+個別相談) 101116 »