« 101125[mz1] TAF→OC symptoms | Accueil | 研究室研究会(院10-20)101125 »

25 nov. 2010

comorbidityとか境界とか

そういうことを意識しました。

comorbidityに関しては絶対的に
直接経験したことからのみで何かを言うことはできないので,
しっかり意識して日頃から情報を収集して整理していないと(=学ばないと)
いけません。

...勉強不足を感じました。


もちろん,
症状の集合体として診断名(疾患)がつくのですから,
個々の症状についての理解はもちろんのことでもあるのですが。
どこをどう見るかで,カテゴリーのこっちなのかあっちなのか
判断が分かれるところもありましょう。
境界のゆらぎ。

その点も含めて。


 *


psychopathologyはいろんな意味で奥深い。
学習必須。

理解したり説明したりするのには,
「話をただ聴く」行為や態度の習熟だけでは到底すまされないこともある,
ということをも,教えてくれるのですから。

|

« 101125[mz1] TAF→OC symptoms | Accueil | 研究室研究会(院10-20)101125 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50133362

Voici les sites qui parlent de comorbidityとか境界とか:

« 101125[mz1] TAF→OC symptoms | Accueil | 研究室研究会(院10-20)101125 »