« 平成23年度推薦入試2日目 | Accueil | 101202[mz1] "analogue bipolar symptoms" »

01 déc. 2010

研究室研究会(卒論10-21) 101201

恭しく署名捺印す。

本日1日より3日まで,卒論題目届の提出期間となっているので,
4名の卒論題目を確定させ,
その場で記入してもらい,
私が署名捺印し,
コピーを2部とって(原本は提出,1部は本人,もう1部は私めが保管)

終了。


今年度のうちの卒論生の題目は以下の通りとなりました。

●依存性・境界性・回避性パーソナリティ障害傾向間の共通点と相違点
  -対人依存性の観点から-

●統合失調型パーソナリティ障害傾向と妄想の心理的メカニズムがTAT反応に及ぼす影響

●高所場面での認知と身体反応

●聴覚刺激が課題成績と課題遂行時の認知・感情に及ぼす影響
  -ノイズ感受性と不注意傾向による個人差の比較-


 *


「当日の流れ」を式次第的に教示することを求められましたので,
お話ししようとした矢先,

   「印刷して支援室に提出,ですよね」 と。

...たしかにな。それが最小限必要な段取りだ。
(その後,それにまつわる細々したことももう少しお伝えしました)


あとは15日・16日(卒業論文本体),
15日~17日(要旨)の提出まで個別ワークです。

ドアのマグネットも,手裏剣だけじゃなく
厚いのにも対応できる強力なやつを備え付ける。


 *


今日の会の終わりに,柿に関するスペシャルレクチャを受けました

Img_7212


柿大きい!
「富有」「次郎」「太秋」「夕紅」などなど...
→そして頂戴しました。
どうもありがとう。


柿?
かき...

 かかないといけませんよね/かこうね。
 かきますよね。
 かくんだよね。
 かけないとまずいよね。
 かけよ。

まあ,活用形を書かずとも,この4人ならば書けるでしょう!!
(ひとりは2稿を戻し,ひとりは今日初稿を受け取り,
あとのふたりも基本的に残りは考察,のようですし)
なあんの心配もいらない。


 *


次回の集合しての研究室研究会は,1月17日(月)13時から。
そのときはもう,卒業研究発表会の予行演習でございます。
(そして来年度の卒論生も決まっているだろうな)

|

« 平成23年度推薦入試2日目 | Accueil | 101202[mz1] "analogue bipolar symptoms" »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50182515

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論10-21) 101201:

« 平成23年度推薦入試2日目 | Accueil | 101202[mz1] "analogue bipolar symptoms" »