« まだ戦いは終わっていないんだぜ | Accueil | 順におふたりとディスカッション »

19 déc. 2010

101219[bx1] 病態失認と前島

2週間ほど斜め読みさえしていなかった。

片麻痺に対する病態失認。

タイムリーというか,授業と連動


101219[bx1]-1 anosognosia; insula
Anosognosia for hemiplegia: a clinical-anatomical prospective study

58例の右半球損傷(左片麻痺)患者のprospectiveデザインでの研究。
卒中後3日(hyperacute)・1週(subacute)・6ヶ月(chronic)の変化も。
 ・ 32% → 18% → 5%
 ・ 自己受容覚(proprioception),extrapersonal無視,disorentationと関連
 ・ personal無視や前頭葉症状は関係しないし,
   楽観性や気分などの心理特性とも関係しない
 ・ (特にhyperacuteで)島insula,特にその前方(前島)が関与する←発症要因?
   subacuteで運動前野・帯状回・頭頂側頭接合部・側頭葉内側(海馬扁桃体)の関与←持続要因?

なんだか「決定版」みたいなフンイキ。


101219[bx1]-2 anosognosia; implicit awareness; insula
Implicit awareness in anosognosia for hemiplegia:
unconscious interference without conscious re-representation

病態失認に対する implicit awareness / explicit awareness の乖離について。
implicit課題で反応時間が遅延する
(deficit-related sentencesに対する反応が遅れる)。

病態失認患者は(片麻痺があることをexplicitにも意識できる患者と比べて),
やはり前島。
...mainly by involving the anterior parts of the insula, inferior motor areas,
 basal ganglia structures, limbic structures and deep white matter.

でimplicit/explict乖離がみられない病態失認患者は,
もう少し皮質要因絡み。
...had more cortical lesions, mostly in frontal areas, including lateral premotor regions,
 and also in the parietal and occipital lobes.

という。

顕在的な意識がある場合とない場合(=病態失認)があり,
潜在的な意識は「ある」場合と,「ない」場合がある。
病変部位によってそれらは異なってくる。

 → ってことは身体についての意識はあちこちで,ということになる。


 *


どちらも,コアな領域として anterior insula(前島) を挙げているのが印象的。
(そういう知識はあまりなかった)

で,
対比される大脳皮質領域のメインは運動前野。

|

« まだ戦いは終わっていないんだぜ | Accueil | 順におふたりとディスカッション »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50340442

Voici les sites qui parlent de 101219[bx1] 病態失認と前島:

« まだ戦いは終わっていないんだぜ | Accueil | 順におふたりとディスカッション »