« 引導(2010年度卒論2号~4号) | Accueil | 学校神経心理10-03&04 »

14 déc. 2010

10心理学方法論3(心理専攻)「神経心理学」(その2)

神経心理学「検査」を紹介

...してもらう回というか。


前半は,前回の続きのプリント。

どんな検査がこれまでよく使われているか,と,
平成22年度診療報酬改定で加わった分を含めた,
「臨床心理・神経心理学検査一覧(こちらのpdfを使わせていただいた)」
(※何が「教えるべき」検査なのかの,ひとつの基準)


次のコマ後半は,部屋を移動して
「神経心理学検査品評会→プレゼンテーション」を
していただく。
ほとんど全員が神経心理学検査にさわったことがない方々なので,
まずはそのまま1人~3人のグループで30分間ほど☆,
それぞれわたされた検査やマニュアルを見ていただき,
5分以内で「説明」してみてもらう
(+センセの補足),
という内容にしてみた。

SLTA, WAB, VPTA, BIT, WCST, BADS, CAT/CAS
それと
レーヴン,コース立方体。
 &
だれもやらないので私が(やっぱり)SPTA(←わかりますかこれ

※ベントン視覚記銘の図版と,WAIS-R,あるはずなのにない!!
 ...と思っていたら以前に貸し出していたことが,後に判明。
 すっかり貸したことそのものを忘れてまして,
 記憶検査を「受ける」ことが必要かもしれないと思いました...

※昼休み後なので,眠くさせないためには良いしかけだったかと。
 そして,後にプレゼンしてもらうぜということで能動的学習ができたかと;
 私がつらつら見せながら説明するよりは,ね。


最後に,ほんの少しだけ認知リハビリテーションの説明もしました。


☆:この時間帯,同じ部屋で学類生たちと別の作業をちょっとしてました...
  dual taskというかありったけのexecutive function駆使ですね。
  おかげさまで,卒論印刷後穴あけ→ファイル綴じ作業完了
  (昼休み時間帯にふたり,この時間帯にひとり。あとひとりは明日の予定。)

|

« 引導(2010年度卒論2号~4号) | Accueil | 学校神経心理10-03&04 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50302578

Voici les sites qui parlent de 10心理学方法論3(心理専攻)「神経心理学」(その2):

« 引導(2010年度卒論2号~4号) | Accueil | 学校神経心理10-03&04 »