« 110124[bx2] left aIPSとleftLPFCが私をそうさせる | Accueil | 22年度卒業研究発表会→判定会議→謝恩会 »

25 janv. 2011

学校神経心理10-09&10

空間と行為。

「学校教育とはミラーニューロンを賦活させる場」。

本日は印刷機は快調だったが,
どうもこの本は複写を強力に拒むところがあるようで
(「黄色」が多い)。
おかげさまで,
授業でも図表を補強しながら進める形式です。

英語の部分は...関心があれば読んでください;ご自分で(も)。


本日は,

7. The Spatial Brain. (ここは「注意」を含む感じです)

8. The Acting Brain.


初版・第2版比較では,
 7章は,
  ・コラムに"Would we notice a gorilla in our midst?"が加えられた。
   (そういえば授業では扱わなかった;inattentional blindness)
 8章は,
 ・Action comprehension and imitationというところに,
  「頭でボタンを押す」の話が加えられた
 ・最後の"hyperkinetic disorders"に,Tourette's syndromeとOCDの記述が加えられた


 *


横長の黒板の左端をなぜかあまり使わない(「半側空間無視」様)。

板書をうまく書けない(「失行性」(構成)失書様)。

具体例を示しているつもりはないのですが...


 *


授業の後に,「ミラーニューロンと教育」論議を受講生のおひとりと,少しした。
なるほどねー。
実用的側面についてのアイデアを考える彼と,
研究として検証するにはどうしたらいいかを考える私。

しかし,
「学校教育とはミラーニューロンを賦活させる場」
というコンセプトには同意できるところがある。


 *


来週は,大学院入試のため休講であります。

|

« 110124[bx2] left aIPSとleftLPFCが私をそうさせる | Accueil | 22年度卒業研究発表会→判定会議→謝恩会 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50689998

Voici les sites qui parlent de 学校神経心理10-09&10:

« 110124[bx2] left aIPSとleftLPFCが私をそうさせる | Accueil | 22年度卒業研究発表会→判定会議→謝恩会 »