« 研究室研究会合同10-3(卒論10-23 + 院10-24)110120 | Accueil | 10神経心理学-12 »

21 janv. 2011

10神経心理学-11

マイクでどう音を拾えばいいかを試行錯誤実演しながら。
失語。

まずは

失語症学(apahasiology)ていう分野もあれば学術雑誌もあることをお知らせして,
数回の授業で網羅的に扱うことは難しいでっせ,とハードルをあげておく。
(私が苦手だからセルフハンディキャッピング,というわけではなくってよ)


失語の症候学』のハイブリッドCD-ROMを使わせていただいて,
失語症の方々の喋り(懐かしいT先生のお声も)聞きながら。
→Vaioのスピーカーが裏面にあるらしいこと,音量MAXにしても小音であることで手こずる。
  マイクで拾って教室のスピーカーで流す。
※授業中に参考図書回覧したら,「タイトルの文字が怖い」って言われました。


Wernicke-Lichtheim図式★☆◎を解説しながら「類型」(失語症候群)のこと。
3つのポイント。
★サザエさんのエンディングで,一家が家に入って行きますがあれ。
  たまたま日曜の夜に見ちゃうたびに,図式。思い出してください笑
☆コメントカードに「Wernicke-Lichtheim図式の分類すげー!!」っていうのがありました。
  彼らもうかばれますな。
◎何人も,コメントカードにサザエさんやその一家,あのシーンを描いていた...

その後,個々の症状。


で,時間が終わってしまった。
gdgd


そういえば,山鳥先生の新刊『言葉と脳と心―失語症とは何か』を入手したのでこれも回覧す。
こちらと抱き合わせで。


 *


以下コメントカード。


(失語に対するイメージ)
・「上手くしゃべれない」という症状もある。

 というのがある一方で, 

・失語というと発話が困難というイメージがあったので,聴く方に困難があるタイプの失語が
 あるのは意外でした。

 という方もいて。どちらかというと,「話せない」=失語,というイメージが強いようです。

 むしろ私がそんなふうに一方だけで考えたことがなかったので,新鮮でした。

・「失読」・「失書」はあっても「失話」・「失聴」という言い方がないことが不思議でした。

 というのもありました。


(失語症の方の内観)
もどかしかったり,はがゆかったり,つらかったり,ストレスを感じたりしそう。
話せないときに,「うまく話している自分のイメージ」はあるのだろうか,
上手く聴けていない/話せていないという症状への自己認識はどうなんだろうか,
というのもありました。→これも類型によって異なりそう。


あと,
「悪戦苦闘」への労いのお言葉とか,
「センター試験監督」への労いのお言葉とか,頂戴する。

|

« 研究室研究会合同10-3(卒論10-23 + 院10-24)110120 | Accueil | 10神経心理学-12 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50653072

Voici les sites qui parlent de 10神経心理学-11:

« 研究室研究会合同10-3(卒論10-23 + 院10-24)110120 | Accueil | 10神経心理学-12 »