« 10神経心理学-11 | Accueil | 77万アクセスと“7シリーズ” »

21 janv. 2011

10神経心理学-12

めくるめく認知神経心理学ワールドへ突入する。
失語→失読・失書へ。

まあでもその前に,失語症検査の説明。
SLTA
SLTA-ST(「まんがの説明」してもらった)
Token Test(「新日本版トークンテスト」,販売されていること知ってました?)
 ...いまサイトをみたら TT って略号化されているらしいが。少々泣き顔に見えなくもない。
※"CADL"の説明もほんとはもうちょっとしないとね。

言語聴覚療法についても少々解説。


で,認知神経心理学的なモデルに話を移していく。
「音韻」と「語彙」と「意味」の関係とか。
「入力語彙」と「出力語彙」のこととか。
 ※ キョソ を例に挙げましたが(タイムリー),
   音韻と語彙が結びつかないひと(「入力語彙」が存在しないひと)多数,
   そして語彙が存在しても意味に到達しない...よねやっぱりね。


この流れで失読失書に突入。


まずは(そういう視点からはいささかシンプルに過ぎる)臨床神経学的分類を。
ただし,漢字とかなの失書の乖離は興味を持ってもらえたようです。
(目を閉じて,ご自分の名前と私の名字を漢字とひらがなで書いてもらったり☆)
(もちずき,じゃありませんよ餅好きじゃ)

で,
認知神経心理学的な,表層性/音韻性/深層性バナシを。

「落葉松」など“熟字訓”読めるか?
 ※ 読み間違いの例として 小豆 → 「ちーまめ」 と読んだらかわいいがられた。
ヨットの綴りは?
などのテストをして脅かしたりしてから。
表層性失読の規則語/不規則語/非語の成績の違いのあたりで

時間切れ。次回送り(織り込み済み)。


 *


コメントカード。


「わからなかった」(ことをこっそり告白)
落葉松(4),案山子(4),百足(3),西瓜(1)(西瓜と南瓜混乱(1))←本当にあとは読めたんだろうな!
 ・
yacht(5)


「☆(ご自分の名前と私の名前を,漢字とひらがなで)」
...なんか,並べて書くと
 恋のはじまりみたいですねぇ~照れくさいです。


「まんがの続き」↓

  Img_8784


「授業のこと」
・先生の授業は“丁度いい”程度に学生を巻き込んでいる感じで,好きです。

そいつはどうもあざーっす。
私も,巻き込みすぎたくはないのです。
関わりたいひとと,ほっといてほしいひとがいることは承知してます。


 *


実はこの回が,出席者数最多でした。配布資料が足りなかったかもしれない...


|

« 10神経心理学-11 | Accueil | 77万アクセスと“7シリーズ” »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50653266

Voici les sites qui parlent de 10神経心理学-12:

« 10神経心理学-11 | Accueil | 77万アクセスと“7シリーズ” »