« 平成22年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究報告書 口述試験 | Accueil | 10神経心理学-13 »

27 janv. 2011

研究室研究会(院10-25)110127

各種発表会も終わり,
定常的な研究会風景。

■ 学会発表「レジュメ」
 ・ 早い動きはよいことだ。
 ・ もちろん中身についてもディスカッション。
 ・ どこにウリを持ってくるか/どこで区切るか。


■ 先生によるレクチャー
 ・ こちらのレビューを紹介してもらった。
 ・ レジュメがめっちゃ図解風だった & 「まとめ」はホワイトボード手描き。
 ・ 黙っていられない先輩がしゃしゃり出て乗っ取り後輩を指導する,の図↓。

  Img_6973

 ・ 2段階設ける,というのが私の着想だがどうなんだろう。
 ・ さあ何をどうしよう。きみの時代だ。


■ 再考
 ・ このところ考えておられることを再考される。
 ・ 「自己」がいっぱい出てきて,これまでの卒論や修論やあれやこれやを想起する
  (...のだが,思い出せないことがいくつもあることを痛感する)

|

« 平成22年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究報告書 口述試験 | Accueil | 10神経心理学-13 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50725300

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院10-25)110127:

« 平成22年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究報告書 口述試験 | Accueil | 10神経心理学-13 »