« 1時間30分のアレの説明会 | Accueil | 本日の「頭出し」 »

07 janv. 2011

3種の下位過程(プロセス)

博士論文審査の副査のお役目(今年度の2本のうちのその1)。

お役目ですから(予備審査では入らず,本審査で入る副査でしたので)。
ちゃんとすみからすみまでまっさらな気持ちで読ませていただき,
論文と対話させてもらいましたので,

私からは,4点ほどお尋ねをしました。


1点目は,なぜそれをしないの?→こういう理由で→ああそうなんだやっぱりね。


2点目は,定義絡みで。
その定義そのものには同意するところがあるが,そうであるならば,
「あちら側」が何であるかに大きく左右されるだろう。
(現に,つい先日までそれに絡む「修士」論文を読んできたのだからこの点は間違いない)


3点目は,便利な「下位過程・プロセス」という言い回し。
一方では,それが週内や日内で変動し,ある期間の中で周期をもって変動するといい,
他方では,「それを辿りやすい者」と類型的に扱う。
択一なのか,同時並行しうるのか,順次入れ替わる(いずれかが優勢になる)のか,
そのあたりの扱い方(のブレ)にモヤモヤとはっきりしないものを感じる。
(私にとってはこれが最大の「お尋ね」したかったこと)
(便利に使い回しているように感じられたのです;この「下位過程・プロセス」という表現を)


4点目は,(類型では)どうやら私は○○群にあたりそうなんだけど,
それは不適応的ということになっているので
じゃあ□□群(適応的なんだそうだ)になるためにはどうしたらいいの?
という実践的問答。
 →ご教示をいただきました。ありがとうございます。
  →→でもさ,それがそううまくいかない・できないから困るわけで。。。


 *


署名捺印しました。ちょっと朱肉付けすぎだったか。
主査の先生に,印影について感想を言われました
(あれ,初めてでしたっけね。そうでしたかそうでしたか)。


お疲れさまでした。

|

« 1時間30分のアレの説明会 | Accueil | 本日の「頭出し」 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

これまで何本も,卒論・修論・博論の審査に携わってきましたが,
今回(たぶん初めて)胸が痛かったです。
コンテンツ的に。


...ここだけの話。

Rédigé par: mochi | le 09 janv. 2011 à 13:21

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50526454

Voici les sites qui parlent de 3種の下位過程(プロセス):

« 1時間30分のアレの説明会 | Accueil | 本日の「頭出し」 »