« 学外実験日110216 | Accueil | 「臨床心理学的面接」のイメージ »

17 févr. 2011

心理学方法論10-02&03

投影法とか。
事例研究法とか。

前半の時間は,続きの,検査法・性格検査。
投影法と,質問紙法と。

おもしろおかしくやっていますが,基本は外していないつもりです。
検査もいくつか,見せたり実演してもらったりした。


...私が投影法を,というところは外しているかもしれませんが...


テンション高めにやらせていただきました。


 *


後半の時間は,事例研究法。

少しは落ち着いて(そう見られていなかったようですけど...)

発想の転換が必要です。
nが大きくないときの,トクベツな考えトクベツな方法
(でもはじめからこの路線というのでは邪道だと思う)。


最後に,「面接法」のひとつだけある要点を簡単に。


方法論の授業なのですから,このあと卒業までに
「方法として使う可能性の高い」
という基準と
「知識として知っておきたいところ」
という基準で
喋っている,つもりです。


 *


この授業のこの部分,
ながらく担当しておりましたのですが
今学期で最後でーす。

その前に,試験問題を作成しないとな。

|

« 学外実験日110216 | Accueil | 「臨床心理学的面接」のイメージ »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50898221

Voici les sites qui parlent de 心理学方法論10-02&03:

« 学外実験日110216 | Accueil | 「臨床心理学的面接」のイメージ »